ホーム3Dオフィスデザイナーシリーズユーザーサービス今週のひとりごと

大倉清教 今週のひとりごと

■空間がしゃべってくる

よく計画された建築図面を見ていると、その中の空間が「このようにレイアウトして欲しい。」と語りかけてきます。
勝手に空間が要求してくるんですね。

空間は、その「用途」を示しています。
そこには人々が活動する目にみえない言語が隠されているのです。

適切な計画によって家具がレイアウトされた平面図からは、さらに直接的なメッセージが発せられています。

家具のレイアウトは人々の活動をあらわしています。
そこにおける人々のうごめきや交わされる会話がシンフォニーとなって私たち設計者にあたかもしゃべりかけるように教えてくれるのです


Kepla Design Studio 大倉清教 

(7月16日)