ホーム3Dオフィスデザイナーシリーズユーザーサービス今週のひとりごと

大倉清教 今週のひとりごと

■「後ろ指」の文化

いつも安全策を選択する。
前例のないことはやらない。
人物を選ぶときは、権威や肩書きを評価の基準とする。

誰かに失敗の原因を追求されたり、判断の妥当性の説明を求められたとき、きちんと言い訳をできるようにしておくことです。

後ろ指を刺されないために、用意周到に自分の「保身」を計画するのです。

それを「よし」として奨励する上司がいます。
そのまた上司も……。

この文化では、チャレンジ精神などもってのほか。
失敗すれば、批判だけが残る「後ろ指」の文化。
組織や企業が年老いてゆくのはこれですね。


Kepla Design Studio 大倉清教 

(4月12日)