ホーム3Dオフィスデザイナーシリーズユーザーサービス今週のひとりごと

大倉清教 今週のひとりごと

■グレーのオフィス

ロジカルな世界では二極分化して明確に分離できるものは、たしかにあります。

しかし、オフィスワーカーの身の回りには明確に分離することのできないことが多く、「オフィシャル」か「プライベート」か、「緊張=意識集中」か「弛緩=リラックス」か、「全体=管理統制」か「個=自立強調」か、このような割り切りがだんだん通用しなくなっています。

「白」か「黒」かという分類の中間にある「灰色(グレー)」の部分が私たちの風土や文化に多く存在しているのです。

オフィスだから私的なことはいっさい持ち込まないと言うひとも、プライベートの中に仕事を多く持ち込んでいたりするものです。

これからは、「灰色(グレー)」の有効性を認めて、いままでのオフィシャル(公)の殻を脱ぎ捨てた新しいオフィスづくりがあってもいいはずです。

Kepla Design Studio 大倉清教 

(6月10日)