ホーム3Dオフィスデザイナーシリーズユーザーサービス今週のひとりごと

大倉清教 今週のひとりごと

■一番よいプレゼンテーションとは

コンセプトが明確で、表現も的確。
グラフィック処理もかっこよく、きれいな出来栄え。
これがプレゼンテーションだといわんばかりのスマートさで説得力があり、ストーリーも完璧。

・・・これがよいプレゼンテーション?

確かにすばらしいかもしれないけど、それが結果的に、クライアントに受け入れてもらえないのでは、よい提案とは言えないのです。

本当によい提案は、クライアントにあたかも「自分で作った」かのような錯覚をさせるものです。

クライアントの言葉に良く耳を傾け、状況を知り、戦略や課題を整理し、解決案や考えを引き出し、アイデアを増幅させるのです。

そうすれば、こちらの提案も受け入れてもらえるはずです。
ユーザーの意志を敏感に察知するセンスに磨きをかけなければいけませんね。

Kepla Design Studio 大倉清教 

(8月31日)