ホーム3Dオフィスデザイナーシリーズユーザーサービス今週のひとりごと

大倉清教 今週のひとりごと

■120%の提案を

誰かから指示されたとおりにそのまま図面を描いて、設計ができたと考えるのは、納品まぎわの実施段階の仕事です。

企画段階の仕事は、要求された内容に検討を加え、独自の仮説に基づいて、多くの工夫やアイデアを盛り込む必要があります。

クライアントとの会話の中で、[夢]や[希望]を膨らますことができないようなら、新しい企画を提案する「提案書」とはいえません。

クライアントに言われたからといってそのとおりに作るのは、提案じゃありませんよ。
それは図面屋さんの仕事です。

Kepla Design Studio 大倉清教 

(8月10日)