ホーム3Dオフィスデザイナーシリーズユーザーサービス今週のひとりごと

大倉清教 今週のひとりごと

■インテリアプログラミング

事業環境や経営戦略の変化によって、オフィスの人員や業務などの設計条件や要求が変化します。

インテリアのプログラムを組むということは、設計をする前段階であらかじめその変化要因を予測して、それらがどのように変化した時にどの範囲を、どれくらいコストをかけて、どのようにすべきであるかといった、設計ルールや仕組みをを決めておくことです。

そうすることによって設計者の意図が明確になり、意味のない修正や変更が少なくなります。
クライアントとの会話もスムーズになります。

Kepla Design Studio 大倉清教 

(6月15日)