ホーム3Dオフィスデザイナーシリーズユーザーサービス今週のひとりごと

大倉清教 今週のひとりごと

■生活環境は誰が守る?

その土地とその地域特有の自然環境に守られた生態系のバランス、古い時代からの秩序、周辺の人々との交流、長い歴史ある土地に築かれた文化と人々の生活がある。

突然、そこに土足で分け入り、異質なものを建設することは、受け継がれるべき大切なものに少なからず影響を与え続け、取り返しのつかない状態に変えてしまうこともあるのです。

そこらじゅうに充満している不響和音。
あちこちで聞こえる抑圧された憤懣。
ぶざまな廃虚と化した景観。
それでも強硬に進めるのですか?

誰かのお墨付きで開発業者や建設業者が、勝手気ままにだれのお咎めもなく一人よがりの自己満足と営利のためにやってきたのじゃないですか?

人々は目覚め、もはやあなたを信用しません。
自分たちの住む社会や景観は、かけがえのないものであり、自分たちの責任で守らなければならないものであると。

Kepla Design Studio 大倉清教 

(4月13日)