ホーム3Dオフィスデザイナーシリーズユーザーサービス今週のひとりごと

大倉清教 今週のひとりごと

■時は、やってくるもの

「今」という時間があり、「今」が瞬時に「過去」となってゆく。

時は「過去」しか見えません。
時の流れを考えるのは、自分の人生を見つめ直すとき
過ぎ去ったものを取り戻したいと思うとき

過去を作り直すことは誰にもできません。

過去の延長上に「今」があるのではなく。
生きてるからこそ「今」があるのです。
その「今」の積み重ねが自分の人生となってゆく。

未来は、だれにも平等にやってくるのです。

かえらない過去を思うより、作り出すことのできる未来を考えませんか?
「時」は過ぎゆくものではなくて、やってくるものです。

Kepla Design Studio 大倉清教 

(10月27日)