ホーム3Dオフィスデザイナーシリーズユーザーサービス今週のひとりごと

大倉清教 今週のひとりごと

■無駄なものはない

建物を建てるときは、木を選ぶことからはじめる。
木にはそれぞれいろんな癖がある。
いろんな癖を読んでそれを活用することが大切だ。

法隆寺棟梁であった故西岡常一氏が「木のいのち、木のこころ」という本で語った言葉です。

その中にあるもう一つのメッセージは「人間も同じ」 ということでしょう。

人はいろんな癖を持っている。
いろんな癖を読んでそれを活用することが大切だ。

考えてみれば、世の中に無駄なものはない。
それを活かすことができないだけなのだと…。
それを活かすことを知らないだけなのだと…。

Kepla Design Studio 大倉清教 

(9月1日)