パーツダウンロード方法

<パーツのダウンロードができない場合>

ブラウザ起動時に管理者として実行するか、またはブラウザの保護モード解除の設定をしてください。

【推奨】ブラウザを管理者として実行する方法(Internet Explorer 7.0/8.0)
保護モード解除の設定方法(Internet Explorer 7.0/8.0)

■ブラウザを管理者として実行する方法

(画面はInternet Explorer 8.0ですが、7.0でも操作は同じです。)

  1. Windowsスタートボタンをクリックします。
    手順1
  2. 「すべてのプログラム」を左クリック→「Internet Explorer」上で右クリックし、続いて「管理者として実行」をクリックしてください。
    手順2
  3. 「ユーザー アカウント制御」の画面が表示されるので、「はい」をクリックします。

■保護モード解除の設定方法

<特定のサイトのみ保護モードを解除する>

メガソフトのサイトのみ保護モードを解除する方法です。
(画面はInternet Explorer 8.0ですが、7.0でも操作は同じです。)

  1. ウィンドウ上部右端のメニューの[ツール]-[インターネットオプション] を選択します。
    手順1
  2. [セキュリティ]タブをクリックし、「信頼済みサイト」をクリックし、[サイト]ボタンをクリックします。
    手順2
  3. 「このWebサイトをゾーンに追加する」に「*.megasoft.co.jp」と入力し、「このゾーンのサイトにはすべてのサーバーの確認(https:)を必要とする」チェックを外し、[追加]ボタンをクリックします。
    手順3
  4. [閉じる]ボタンをクリックして画面を閉じてください。
    手順4
  5. [インターネットオプション]ウインドウの[セキュリティ]タブで「保護モードを有効にする」のチェックを外し、「OK」をクリックしてInternetExplorerを再起動してください。信頼済みサイトに登録されているアドレスのみ保護モードが解除されます。
    手順5

※詳しい設定方法はお使いのブラウザのヘルプをご参照ください。


<保護モードを無効にする>

すべてのサイトで保護モードを解除する方法です。
この設定を行いますと、すべてのサイトでポップアップウィンドウが表示されます。

  1. Internet Explorerを起動します。
  2. ウィンドウ上部右端のメニューから「ツール」をクリックし、「インターネットオプション」を選択します。
  3. 「セキュリティ」をクリックします。
  4. 「信頼済みサイト」をクリックして、「保護モードを有効にする」のチェックを外します。
  5. [OK]ボタンをクリックしてウィンドウを閉じ、Internet Explorerを再起動してください。

※詳しい設定方法はお使いのブラウザのヘルプをご参照ください。

←ダウンロード方法へ戻る

このウィンドウを閉じる