• 3DマイホームデザイナーPRO8 トップ
  • 3DマイホームデザイナーPRO8 EX2トップ
  • 機能紹介
  • 新機能
  • PRO8との比較
  • 動作環境
  • よくあるご質問
  • カタログ・お問い合わせ
  • 価格・ご購入

機能紹介 多彩なプレゼン

写真に迫る高画質な3Dパースを高速作成「Optimage」と連係

インターネット上でレンダリングを行う、高速・高画質なレンダリングソフト「Optimage」を標準搭載。鏡面への映り込みの効果と、間接照明の効果の両方を表現でき、現実感溢れる建築パースを高速に作成できます。

また、専用レンダリングサーバーでレンダリングを行うので、お客様のパソコンに負荷がかからず、レンダリング中の編集作業も快適です。最大10000×10000ピクセル(A0/200dpi相当)で出力できます。

高画質パース

寸法線付き立面図出力

寸法線付きの立面図出力を搭載。 縮尺が指定でき、平面図・立面図の印刷、3DCAD(DXF形式)出力、プレゼンボードデザイナーへの出力が可能です。 クリップボードへコピーすれば、図面データをほかのDTPソフトに貼り付けて画像出力することも可能です。

寸法線付き立面図
こんな機能も!

隠線処理された線画の出力も可能です。
また家やフロアの一部を切り取り、その断面方向から立面図を出力することもできます

隠線処理した立面図

※隠線処理とは
手前の形状に隠れて見えない部分の輪郭線は表示されないよう処理された画像を出力します。


家の内外を歩き回れる「ウォークスルー」

住宅の内外をマウス操作で自由に歩き回れます。ドアの開き勝手や通路幅など、図面ではイメージしにくいところも一目瞭然。上れる高さを数値指定して、段差の有無の判定などバリアフリーの確認にも活用できます。

AVI/WMV形式でのムービー出力も可能です。

ウォークスルー

CGならではの多彩な表現力で魅せるパースの作成が可能

壁透明化

壁透明化

手前の壁、またはすべての壁を非表示にできます。家の外観形状を見ながら室内を確認できます。

ホワイトモデル表示

ホワイトモデル

色やテクスチャなどを省くことにより、モックアップのように建築物本来の形状を確認できます。

パース図輪郭強調(イラスト調)

壁透明化

パース図の輪郭線を強調し、イラスト調に見せることができます。


断面表示

断面表示

完成した住宅パーツを任意の位置でカットし、断面を見ることができます。

建具開閉

建具開閉

ドアなどの開閉可能な建具は、3D画面上で動作途中の状態を自由に設定できます。

パースのアレンジ出力

アレンジ出力

絵の具/色鉛筆/点描といったアート効果で温かみのある画像にアレンジしできます。


2画面でプランを比較

複数のプランの比較を簡単に。視点の変更、各階の表示切り替えなどを2画面で同時におこなえます。

2画面リンク

アニメーションで全フロアを自動展開
「鳥瞰マルチビュー」

フロアがスライドしながら順に展開してゆく様子をアニメーションで見せることができます。
また、地面から家がニョキニョキ生えてきたり、飛び上がって出てきたりなど、エンタメ性のある立体化アクションを選ぶこともできます。

鳥瞰マルチビュー

プレゼンボード作成

作成した間取り図や3Dパース図などを元にプレゼンボードが作成できます(最大A2サイズ)。
使用した建材や家具の写真を簡単に挿入できるので、説得力のあるプレゼンボードが作成できます。

プレゼンボード

スマホ/タブレットでプレゼン
「3Dプレイス」

3D画面で表示されている住宅データを変換して3Dプレイスサーバーに登録。 iPhone/iPad/各社Android端末・Windowsパソコン向けアプリ「3Dプレイスビューア」で登録した住宅データを見せられます。

手軽に持ち運べるスマホ/タブレット・ノートパソコンで、自由自在に3D空間をプレゼンテーションできます。

3Dプレイスの詳細はこちら

3Dプレイス

見積書作成に便利な「面積・パーツ集計」

作成したデータから、各部屋ごとの面積や長さ、外壁面積など見積書作成に必要なデータを作成できるので、見積書作成にかける時間が大幅に短縮されます。
設備機器や建具などの明細利用や内装材(床・壁など)の数量拾い出しに役立てることができます。

また、建築積算見積書作成ソフト[建築みつも郎12(コベック社製)]との連携も可能です。

サンプルCSVのダウンロード すべて 外装内装パーツ


その他の機能

  • 3Dテレビに接続して住宅を立体的に表示。ウォークスルー再生も
  • スライドショーで表示
  • デジカメで撮影した写真を背景やテクスチャに変換
  • 360度パノラマ背景
  • レンダリング後の色相・彩度・明度補正
  • Facebookに投稿 など


このページのトップへ