メガソフト トップ製品情報3Dマイホームデザイナーシリーズ3DマイホームデザイナーPRO83DマイホームデザイナーPRO8 パワーユーザーの生の声を聞きました

パワーユーザーの生の声を聞きました。-3DマイホームデザイナーPRO8 パワーユーザープレビュー

マイホームデザイナーのパワーユーザーである、お二人を東京事務所にお招きし、PRO8の実用性について座談会を行いました。

建築家と呼ばれる人にも見せられるレベルになったと思います

  • 山口さんはPRO5からのジャンプアップですから、追加された機能が多すぎてベスト3を選ぶのには大変かと思いますが、いかがでしょうか?
  • ぼくはお客様の目の前でのプレゼンがメインなので、3D画面の高画質化がうれしいですね。PRO5の時と見た目がぜんぜんちがいます。
  • 山口さんの使われてるパソコンはOpen GL4.2対応なんですか?
  • いや、違うんですが・・・
  • リアルタイム3Dの画質はPRO6、PRO7と毎回向上させているんです。なので、Open GL4.2対応のパソコンでなくてもPRO5よりもかなりきれいに見えるようになっています。

    PRO5とPRO8では、同じパースでもクオリティが違います

    PRO5とPRO8では、同じパースでもクオリティが違います

    拡大する

  • 他の機能はいかがでしょうか。
  • 成田さんが『これは!』という機能をだいたい言っていただいたのですが、ぼくとしては今更ですが『3Dプレイス』ですね。
  • それはタブレットでプレゼンするということですか?
  • それよりもお客様が自分で見れるというのがいいですね。最近はみなさんスマートフォンなどをお持ちですからね。マイホームデザイナーを持ってなくてもいつでも見てもらえるというのに魅力を感じます。
  • スマホの普及率は山口さんの周囲でも高いですか?
  • すごく高いですね。どんどん持ってる人が増えている感じです。

パースをスマホでプレゼン

パースをスマホでプレゼン

イラスト調の人物パーツを収録

イラスト調の人物パーツを収録

拡大する

  • お客様に喜んでもらえるということですね。ほかはどうですか?
  • 収録されている人物パーツ、すごくよくなりましたね。今までよりも見せられるプレゼンになるなと思います。
  • 以前はグレーの半透明の人物でしたが、今回はリアルなイラスト調のものを追加しました。
  • グレーのやつはぼくには使いにくかったですね。
  • どんな点が使いにくかったでしょうか?
  • 室内パース用にはいいんですが、引いた位置からの外観パースの時は、具体的な人物描写のあるパーツがマッチするんですね。今回収録された人物パーツを使うことで、建築家と呼ばれる人にも見せられるパースになったと思います。
  • 新機能ベスト3ということでこれで3つですが、PRO5からのジャンプアップということで、もう一つ挙げていただくとしたら?
  • 屋根の表現がリアルになったことですね。地域柄、純和風の住宅もけっこう手がけるので、棟瓦が簡単につけれるようになったのがうれしいです。
  • これ、もっとバリエーションがあるとさらにいいですよね。
  • そうね、もっと厚みのある棟瓦とかがほしいときもあるね。
  • 今後の課題として検討させていただきます。

PRO8では棟瓦を自動でつけられます

PRO8では棟瓦を自動でつけられる

スマホやタブレットを使ったプレゼンを積極的に活用している山口さん

  • これは使える新機能1
  • これからの製品に望むこと

3DマイホームデザイナーPRO8

新インターフェース「スマートアクセス」を搭載し、スマートフォン/タブレットといった最新デバイスにも対応。住宅検討、リフォーム、店舗設計などさまざまな場面で幅広い要求に応えるプロフェッショナルツール

  • 価格ご購入へ
  • 製品ページへ

パワーユーザープレビューINDEX

  • 第1回 新操作画面 スマートアクセスの第一印象
  • 第2回 PRO8の新機能、実際に仕事で使ってみました!
  • 第3回 座談会 パワーユーザーの生の声を聞きました!

このページのトップへ