パワーユーザーが使ってみました! PRO8の新機能を実際に仕事で使ってみました。

  • パワーユーザー紹介
  • オフィスワン設計 谷口修一氏
  • 有限会社 山憲工務店 山口幸隆氏
  • 株式会社DSK 成田孝満氏

谷口氏

オフィスワン設計 谷口修一氏のプレビュー

現在進行中の案件を3DマイホームデザイナーPRO8で作成してみました。注文住宅用地とそのモデル住宅です。

現在進行中の案件パース

さっそく「庇」作成機能を使ってみました。今回の案件のようにたくさん庇をつける建物を作るときにはとても便利ですね。作業時間短縮に大いに貢献してくれています。

庇作成機能で庇を設置

3D画面でパーツを複数選択して数値コピーできる機能は、こういった隣地のダミーの建物を並べるのに便利ですね。

住宅の後方にダミーの建物を設置

この案件の業者との打ち合わせで、「鳥瞰マルチビュー」を使って見せてみたところ、各階のパースが一度に表示が可能になり、打ち合わせがよりスムーズになりました。業者の担当者はこの表示方法にとても驚いていました。

提案パースで鳥瞰マルチビュー

また、登録した視点等を連続再生できるスライド機能も断然機能的で、実際のでき上がり予想を連続して見せることで、相手に大きなインパクトを与えることができました。

登録した視点をすぐにフルスクリーンで見せることができる

よりリアルになった人物パース 新しい人物パーツもいいですね。よりリアルなパースでお客様に伝えられます。



このページのトップへ

山口氏

有限会社 山憲工務店 山口幸隆氏のプレビュー

今、打ち合せを進めている和風住宅の外部改修工事の案件を3DマイホームデザイナーPRO8でシミュレーションしています。

PRO8で追加された「棟瓦」の自動生成は、和風の建築物を提案する時にとても助かる機能ですね。
これまでは3D画面でパーツを手動で載せていたので一苦労でした。PRO8なら、和風住宅の典型のようなこんな屋根構成でも作業時間を大幅に短縮できます。

現在進行中の案件パース。棟瓦の自動生成機能で作業時間の短縮が可能に。

屋根スタイルの詳細せって、庇自動作成機能で設置 屋根材や軒天、破風の質感を間取り図で詳細に設定できるのもいいですね。3D画面で破風・軒天を一面ずつ質感設定する手間が省けます。

「庇」作成機能も作業の手間を省くよい機能追加だと思います。


こまかなとこでは間取り図で家具や住宅設備のシンボルに影を付ける機能が追加されていて、間取り図の表現力がアップしています。イラストっぽく間取りを見せたい時に使えそうです。

間取り図でシンボルに影を付ける機能。

手前の壁の非表示機能それから、PRO5ユーザーとして感動したのは3D画面の「手前の壁の非表示」機能。
私はお客様の前でリアルタイムでプレゼンをするスタイルなので、「これぞ3D表現!」という見せ方ができるのはとても重宝します。
いかにして施主にプレゼンの印象を残せるかが重要だと考えているので、サプライズのあるプレゼンにつながると思います。



このページのトップへ

成田氏

株式会社DSK 成田孝満氏のプレビュー

外構のリフォームもよく受注するのですが、従来3D画面の「形状作成」で作っていたブロック塀が、間取り図画面の「塀」機能で簡単に入力できるので作業時間が短縮できますね。

PRO8から搭載された塀機能によるブロック塀

少し複雑な形状も平面図で表現可能に。同じく、ちょっと複雑なアプローチも、図面に描く感覚で入力できます。
そしてなんといっても3D画面での形状作成で入力された形状は、間取り図では表示されないのですが、間取り図の「塀」「アプローチ」「自由入力」で入力された形状は、間取り図でも表示されるので、敷地内の「ここはコンクリートで、ここは土、ここは芝生」等の表現も簡単にできるようになり、さらに個別に色や模様を設定できるので、平面図での敷地の表現力が格段にアップしましたね。


箱型階段と、階段の側桁階段では、箱型階段の追加はうれしいですね。実際の住宅では、これが多いのですよ!!
そして、詳細設定での「側桁を見せる」も「来た〜!」という感じです。
やっぱりこれが一番多いのですよ。待ってました。という感じです。


私は、PRO5からスタートしてPRO6→PRO7と使用してきてますが、今回は操作画面が一気に新しくなり、何もかもがパワーアップしていて、もはや、別のソフトと言っても過言ではないぐらいに感じます。
以前は、使用しているパースソフトを同業者に言うのはちょっと恥ずかしい感じがしていたのですが、このPRO8なら「うちはマイホームデザイナーPRO8を使ってるよ」って胸を張って言えますね。


3DマイホームデザイナーPRO8

新インターフェース「スマートアクセス」を搭載し、スマートフォン/タブレットといった最新デバイスにも対応。住宅検討、リフォーム、店舗設計などさまざまな場面で幅広い要求に応えるプロフェッショナルツール

  • 価格ご購入へ
  • 製品ページへ

パワーユーザープレビューINDEX

  • 第1回 新操作画面 スマートアクセスの第一印象
  • 第2回 PRO8の新機能、実際に仕事で使ってみました!
  • 第3回 座談会 パワーユーザーの生の声を聞きました!

このページのトップへ