この製品は販売を終了しました。最新版「3Dマイホームデザイナー」をご検討ください。
3Dマイホームデザイナー シリーズ紹介ページはこちら

3DマイホームデザイナーPRO7 速攻レビュー

第2回 プレゼンでiPadが強力なコミュニケーションツールに 成田 孝満さん(株式会社DSK)

PRO7速攻レビュー第二回は、埼玉県春日部市で新築からリフォームまで幅広い工務を手がけている株式会社DSKの成田孝満さんです。

第二回

――最初に成田さんの日々のお仕事について教えてください。

住宅は新築はもちろん、リフォームからリノベーションまでやっています。また店舗など商業施設の改装も得意分野です。設計から施工までトータルで請け負っています。



店舗内装の貼り分けの例

店舗内装の貼り分けの例

キッチン回りの壁材一部貼り分けの例

キッチン回りの壁材一部貼り分けの例

――店舗改装には今回の新機能「壁厚編集」が威力を発揮しそうですね。

はい、これはいいですね!
壁厚を変更した部分は別素材で壁材を設定できるので、外壁・内壁を問わず壁の部分貼り分けが簡単にできちゃいます。
店舗設計ではデザイン性が問われますから壁の貼り分けは必須ですが、最近では住宅も、内装の部分貼り分けを要望される施主様が増えています。住宅では、特にキッチンパネルなどの表現に重宝しそうです。


――外壁・内装を問わずデザイン性の高い提案ができるということですね。デザインという切り口では「オリジナル建具作成機能」はいかがですか?

店舗に使用する窓は規格外のものが多い

店舗に使用する窓は規格外のものが多い

これまで、窓については、配置してからサイズの調整で無理やり希望の大きさに変更していましたが、窓枠の縦横比のバランスが悪くなってしまっていました。
でも、この機能のおかげでそれらが解消されますね。店舗などのファサードデザインはほとんどが規格外の窓になりますから、この機能追加はベリーグッドです!

欲を言えば、ガラスの種類(透明or型ガラス等)も選べるとさらに使い勝手が高くなるので、機能追加を要望します。


ガラス面の大きいオリジナルドア形状の例

ガラス面の大きいオリジナルドア形状の例

ドアについては、今までのドアパーツはガラスがテクスチャで表現されていているのが多くて、レンダリング画像がちょっと寂しい感じに見えていました。
ガラスを表現したパースにしたいときは、モデリング機能で時間をかけて自作していたのですが、それが簡単に作成できることに感動しました!!発売されたばかりで恐縮ですが、次のバージョン(笑)では窓ガラスのレイアウトバリエーションを増やしてほしいです。

それにしても、窓・ドア共に簡単なウィザードで短時間で作成できることがすごく嬉しいです。


iPadを現場に持ち込んで確認

――ありがとうございます。ところで成田さんはiPadを発売後すぐに購入されて、現場にも持ち込まれているそうですね。

ええ、こういったガジェット(電子ツール)は大好きなんですが、iPadは実用品としても便利に使っています。
図面、3Dパース、写真などを大画面で気軽に見せることができるので、施主様へのプレゼンはもちろん現場で大工さんに図面を見せて指示するのにも最適です。分厚くて重たい図面を持ち歩かなくてすむのも良いですね。

――PRO7と併せて開発されたiPhoneアプリ「3D家ビューア」は、成田さんのiPad活用の幅を広げられるでしょうか?

「3D家ビューア」さっそく使ってみましたが、とても面白いアイデアですね。
iPadの大画面で3Dの家をグルグル動かして見せられるので、施主様とのイメージの共有はもちろん、現場での打合せにも使えますよ。さっそく今施工中の現場で大工さんに見せたら、目を丸くしてビックリしてました。

iPhoneのカメラ機能を利用した、背景との合成もやってみました。3DマイホームデザイナーPRO7で外観パースを作成して、iPhoneの3D家ビューアでダウンロード。建築予定の現地で風景と合成して写真を撮影し、それをiPadに転送し施主様に「こんなことも出来ますよ!」なんて見せてみました。

プレゼンというよりiPad自慢みたいなものですが、施主様も喜んでくれるのでコミュニケーションツールとしてしっかり役立っています。

――早くもリアルな現場で使っていただき、ありがとうございました。


※「3D家ビューア」のサービスは「3Dプレイス」に変更になりました。
「3Dプレイス」紹介ページへ

このページのトップへ