この製品は販売を終了しました。最新版「3Dマイホームデザイナー」をご検討ください。
3Dマイホームデザイナー シリーズ紹介ページはこちら

3Dマイホームデザイナーシリーズ比較

PRO7とLS4の主な違い

「3DマイホームデザイナーLS4」と「3DマイホームデザイナーPRO7」はどう違うの?そんな疑問を解決します! どう違うの?そんな疑問を解決します!
新築、リフォーム、引っ越し、模様替え、太陽光発電パネルシミュレーション、消費電力量チェック、エコ住宅診断、耐震チェック、ガーデニングなど住まいを検討する一般家庭・趣味でお使いの方は「3DマイホームデザイナーLS4」をご検討ください。

工務店、設計事務所、ハウスメーカー、建設会社、不動産業、リフォーム業、インテリアコーディネーターなどプロ・業務でお使いの方や職業訓練施設、建築・デザイン系学生などは「3DマイホームデザイナーPRO7」をご検討ください。 さらに詳しく「シリーズ製品の主な違い」

このページのトップへ

シリーズ製品の主な違い


このページのトップへ

複雑な敷地形状の作成について

「3DマイホームデザイナーPRO7」では、高低差のある複雑な地形を作成することができます。
傾斜地に建つ家や、擁壁(ようへき)、掘込みの車庫などを容易に表現できます。

掘込みの車庫

掘込みの車庫

傾斜地に建つ家

傾斜地に建つ家

敷地の作図について

「3DマイホームデザイナーPRO7」では、三斜測量図入力に対応。

三角形の三辺の長さを与えて作図する方法と、二辺と垂線の長さを与えて作図する方法の2つを組み合わせて敷地を作図できます。形状を決定したあと、敷地を任意に回転させることも可能。正確に効率よく敷地を入力できます。

三斜求積表の自動作成、配置も可能です。三辺長さの場合はヘロンの公式、二辺と垂線長さの場合は底辺×高さ÷2で面積を計算した計算根拠表を出力します。

また道路作成も可能です。敷地辺に道路幅を与えることで、道路を自動作図できます。

三斜測量図入力

三斜測量図入力

道路作成

道路作成

斜線制限や日影規制などの法規チェック機能について

「3DマイホームデザイナーPRO7」では、視覚的に法規チェックができ、間違いのないプラン作成が可能です。

間取り図上では斜線制限チェックがリアルタイムにできるので、間取りプラン段階から斜線制限を意識したプラン作成が可能です。

また、3D画面では、斜線制限の範囲が3D(立体)イメージで表示でき、斜線制限に抵触しているかどうかを直感的に確認することができます。道路斜線・北側斜線・隣地斜線制限に加え、高度地区についても対応しています。

間取り図で斜線制限チェック

間取り図で斜線制限チェック

3D画面で斜線制限チェック

3D画面で斜線制限チェック

建物がつくる影も事前にチェックできる「時刻日影図」と「等時間日影図」の作成も可能です。

時刻日影図

時刻日影図

等時間日影図

等時間日影図

パース図の画質・印刷サイズについて

「3DマイホームデザイナーPRO7」では、高画質のパース図を最大A2用紙サイズまで出力することができます。3DマイホームデザイナーLS4で出力できる最大サイズはA4用紙サイズより小さいので比較すると下記のようになります。

さらに「3DマイホームデザイナーPRO7」はインターネットレンダリングソフト「Optimage(オプティマージュ)」に対応。写真に迫る高画質で外観・内観パースを作成できます。
「Optimage(オプティマージュ)」の場合、A0サイズのプリントにも対応(最大10000×10000ピクセル)。

  • ※A2、A0サイズの場合は、200dpi相当のサイズとなります。
  • ※「3DマイホームデザイナーPRO7 EXTRA PREMIUM」「3DマイホームデザイナーPRO7 PREMIUM」は「Optimage」を標準搭載しています。
3DマイホームデザイナーLS4と3DマイホームデザイナーPRO7の出力できるパース図の比較

屋根の作成について

「3DマイホームデザイナーLS4」では、「片流れ屋根」「寄せ棟屋根」「切り妻屋根」「陸屋根」など、階ごとに違う屋根種類を設定できます。

階ごとに屋根種類を変更できる屋根作成機能

階ごとに屋根種類を変更できる屋根作成機能

多様な屋根を作成可能

3DマイホームデザイナーLS4で作成可能な屋根の種類


「3DマイホームデザイナーPRO7」では、各種屋根の自動生成に加え、屋根を1面ずつ作成(編集)することが可能なので、複雑な屋根も表現できます。
また、大屋根などの屋根作成方法やポイントを案内する「屋根ガイド」を搭載しています。

3DマイホームデザイナーPRO7で作成可能な複雑な屋根形状の一例

3DマイホームデザイナーPRO7で作成可能な複雑な屋根形状の一例

パース図の特殊効果について

「3DマイホームデザイナーPRO7」では、完成した住宅パースを好きな位置でカットして断面を見せたり、色をつけないホワイトモデルを表示することができる「特殊効果機能」を搭載しています。
表示イメージを簡単に変えることができ、目的に合わせて4種類の見せ方を選ぶことができます。

ホワイトモデル

ホワイトモデル

断面図

任意の位置でカットできる断面図

プレゼンツールについて

「3DマイホームデザイナーPRO7」では、パース図や間取り図、WEB上の画像を利用した資料を簡単な操作で作成できますので、お客さまへのプレゼンテーションの際に説得力が増します(プレゼンボード作成ソフトが同梱されています)。

  • ※A2版までのプレゼンボード作成ができます。
プレゼンボードデザイナーで作成したプレゼン資料

プレゼンボードデザイナーで作成したプレゼン資料

プレゼンボードデザイナーで作成したプレゼン資料

プレゼンボードデザイナーで作成したプレゼン資料

寸法線入力について

「3DマイホームデザイナーPRO7」では、間取り図上に寸法線の自動作成に加え、手動で寸法線を入力できます。

  • ※3DマイホームデザイナーLS4は寸法線の自動作成のみ可能です。
  • ※3D画面に寸法線を表示することはできません。立面図出力の場合、出力時に寸法線を付けることが可能です。

立面イメージの作成

「3DマイホームデザイナーPRO7」では、パース図の平行投影機能により立面イメージを作成できます。
また、出力時に縮尺の設定を行ったり、寸法線を付けることができます。線画での出力も可能です。

平行投影機能で作成した立面図

出力した寸法線付き立面図

壁厚の編集について

「3DマイホームデザイナーPRO7」では、内壁・外壁の厚みを個別に設定できます。壁の一部だけに厚みを持たせることはもちろん、家の外周の壁厚を一括で設定可能です。

2次元CADデータの入出力

「3DマイホームデザイナーPRO7」では、間取り図をDXF, JWC形式ファイルで出力できます。
また、間取り図の下絵としてDXF, JWC形式ファイルを読み込めます。

3次元CADデータの入出力

「3DマイホームデザイナーPRO7」では、DXF(3DFACE/3Dメッシュ/3Dポリライン/INSERT), CWSの入力に対応しています。
また、DXF(3DFACE/3Dメッシュ/3Dポリライン/INSERT)の出力も可能です。

このページのトップへ

このページのトップへ