この製品は販売を終了しました。最新版「3Dマイホームデザイナー」をご検討ください。
3Dマイホームデザイナー シリーズ紹介ページはこちら

動作環境・入出力形式

動作環境

対応OS 日本語オペレーティングシステム Windows 8.1/8/7/Vista/XP

※Windows XPは、Service Pack2以上が必要。
※64bitOS上では、32bitアプリケーションとして動作。
※Windows 8.1/8上ではデスクトップアプリとして動作(アップデートが必要)。
CPU 1GHz以上
ハードディスク 3GB以上
メモリ 1GB以上
ディスプレイ 解像度1024×576以上(ネットブックで動作可能)
65,536色以上
ビデオカード DirectXモード使用時には、32MB以上のビデオメモリが必要
(OpenGLモード使用時には特に制限なし)

※ピクセル・シェーダ3.0対応ビデオカードを使用する場合、作成中の3D画面でも影付きで綺麗な表示が可能。
※アンチエイリアス対応ビデオカードを使用する場合、3D画面でエッジのギザギザが目立たない表示が可能。
周辺機器 パッケージ版はセットアップ時にDVD-ROMドライブが必要
マウス必須

※お客様がご使用のパソコンで3Dマイホームデザイナーの動作環境チェックとどのように表示されるかをチェックできる「動作チェックウィザード」をご用意いたしました。
3Dの動作環境チェック「3Dマイホームデザイナー」の詳細はこちら


入出力形式

間取り図下絵入力 BMP,JPEG
間取り図入力 MWD※1
間取り図出力 BMP,JPEG,EMF
3Dデータ入力 M3D※1,CWS※2
3Dデータ出力 M3D※1
3Dパース入力 BMP※3,JPEG※3,MPO※4
テクスチャ画像入力 BMP,GIF,JPEG,MTB※1
背景画像入力 BMP,GIF,JPEG
ムービー出力 AVI,WMV
その他 イメージスキャナ・デジタルカメラからの読み込み機能

※1 M3D,MTB,MWD・・・3Dマイホームデザイナー専用ファイル形式
※2 CWS・・・スクリプトファイル
※3 BMP,JPEG・・・通常の画像保存と赤青メガネ用保存を選択可能
※4 MPO・・・・3Dテレビ・3D携帯用マルチピクチャファイル


このページのトップへ