この製品は販売を終了しました。最新版「3Dマイホームデザイナー」をご検討ください。
3Dマイホームデザイナー シリーズ紹介ページはこちら


太陽光発電パネルを置いて発電量チェック

「太陽光発電パネルシミュレーション」

太陽光パネル配置シミュレーション

太陽光パネルを屋根の上にドラッグするだけで、屋根の傾斜に合わせて自動配置。
画面上に年間予想発電量をリアルタイム表示し、パネル移動、傾き・方位変更を行うと、その都度、発電量を自動計算します。

太陽光パネルを体験する

太陽光パネル配置シミュレーション

太陽光パネル配置シミュレーション

太陽光パネルを配置した3Dパース図

太陽光パネルを配置した3Dパース図

発電量シミュレーション&導入費用シミュレーション

発電量シミュレーション&導入費用シミュレーション

発電量をシミュレーション

3DマイホームデザイナーLS4では、新築やリフォームでパネル設置を予定している住宅の場所を「シミュレーション地点」として登録しておけば、その場所での年間予想発電量が算出されるようになりました。
また、年間12ヶ月を通じた予想発電量のグラフ表示や、発電の妨げとなる積雪の可能性を考慮したシミュレーションも可能です。

導入費用をシミュレーション

さらに、太陽光発電システム導入時の費用の見積もり情報を複数登録し、比較する機能を新搭載。 設備費や設置工事費、補助金など考慮しつつ、システム設置後、固定価格買取制度が適用される10年間および、適用終了後の11年目以降の経済効果から、約何年後に初期投資の費用が回収できるかをシミュレーションし、総合的に比較できます。

わかりやすいパネル配置ガイドを搭載

システムの概要からパネルの配置方法、発電量計算の仕組みまでをわかりやすく解説する「パネル配置ガイド」も搭載し、初心者の方でも、屋根の傾斜や外観と合わせて、どの方位にどの角度で何枚のパネルを配置するのが効率的か、じっくり検討できます。

太陽光発電パネルをわかりやすく解説「パネル配置ガイド」

太陽光発電パネルをわかりやすく解説「パネル配置ガイド」


※太陽光パネルシミュレーションでは、JIS C8907が推奨する独立行政法人 新エネルギー産業技術総合開発機構/財団法人 日本気象協会の全国801地点日射量データを用いて、発電量を算出しています。


このページのトップへ

耐震・耐風・耐積雪性をチェック

「簡易構造診断」

建設予定地の風速や積雪情報も考慮し、災害に強い家づくりを検討できる「簡易構造チェック機能」を搭載。間取りにさまざまな壁倍率の耐力壁を設置しながら、検討している住宅の耐震強度をリアルタイムで表示できます。

また、耐震構造や耐力壁の配置方法などについて、アニメーションを見ながら学ぶことができる「構造チェックワンポイント講座」も収録しています。

プログラム開発担当 Y
プログラム開発担当 Y
『家の強度をかんたんチェック!簡易構造診断』

東日本大震災の影響で「地震に強い家を検討したい」というお客様の強いご要望にお答えした「簡易構造診断」機能についてご紹介します。

簡易構造診断

簡易構造診断

構造チェックワンポイント講座

構造チェックワンポイント講座


このページのトップへ

節電シミュレーターで家電製品の消費電力量を集計

「節電シミュレーター」

家電製品パーツ(※)に消費電力のワット数を入力できます。
エアコンやテレビなど、間取りに配置した家電製品の総消費電力量を自動的に計算・集計できます。

配置された家電製品パーツに消費電力と季節ごとの使用時間を入力すると、各ご家庭での年間消費電力量を集計できます。
家電製品パーツを今お持ちの製品から省エネ対応製品に入れ替えながら、「電気料金を考えると、最新の省エネ家電に変えた方がお得?」といった検討も可能です。

また、年間消費電力量は、石油量やCO2排出量に換算され、環境への貢献度を確認できます。電気料金に換算した場合に何円になるかも表示されます。省エネを意識した家づくりに役立ちます。

※3DマイホームデザイナーLS4に収録されているメーカー製の冷 蔵庫・テレビ・エアコン(エコポイント対象家電)には、あらかじめワット数が設定されています。

プログラム開発担当 K
プログラム開発担当 K
『無駄のない住宅性能指標を図る電力量チェック』

省エネが重要な今の時代。LS4にもさまざまな省エネチェック機能が搭載されています。その中でもとっても便利な「電力量チェック」機能についてご紹介します。


間取り画面に家電製品パーツを配置

間取り画面に家電製品パーツを配置

電力量チェック

電力量チェック


このページのトップへ

照明を蛍光灯や白熱灯から「LED」に変更

「LED交換シミュレーション」

同じ照明でも、LED・蛍光灯・白熱灯では、消費電力が全く異なり、蛍光灯をLEDに交換すれば消費電力は1/2に、白熱灯をLEDに交換すれば消費電力は1/8にもなります。

新しくなった電力量チェックでは、LED交換シミュレーション機能を搭載。
照明の種類を個別に選択すると、それぞれに対応した消費電力に切り替えて、消費電力量を計算することができます。
また、全ての照明をLEDに一括変更することも可能です。

LED一括交換シミュレーション

LED一括交換シミュレーション


このページのトップへ

色覚・白内障シミュレーションで表示した3D画面

色覚・白内障シミュレーションで表示した3D画面

バリアフリーチェック

「色覚・白内障シミュレーション」

白内障や色覚特性を持つ方がどのように見えるかをシミュレーションできます。
段差などが見やすいかどうかを確認することで、バリアフリーな住宅検討に役立ちます。

色覚特性

日本人男性の約20人に1人、女性の約500人に1人の割合で存在します。

白内障

水晶体が濁る病気です。黄〜赤っぽく見えます。またぼやけて見えます。

※DirectX9.0c対応でフォンシェーディング機能が使えるビデオカードが必要です。
 詳しくはよくあるご質問「高性能のビデオカードを別途購入する必要がありますか?」をご覧ください。


このページのトップへ

危険な階段をリアルタイムにお知らせ

「階段安全性チェック」

危険な階段にならないかをリアルタイムで自動的にチェックし、危険マークでお知らせします。

階段の形状、各部サイズが「住宅性能表示制度(※1) 等級3(※2)」の基準を満たしていない危険な階段にならないかをリアルタイムで自動的にチェックし、危険マークでお知らせします。

※1 住宅性能表示制度: 平成12年4月1日に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基いて定められた制度。 住宅性能に関する表示の適正化を図るための共通ルールを設け、消費者が相互比較をしやすくするとともに、客観的に住宅の性能評価を行う第三者機関が交付した住宅性能評価書により表示される住宅性能についての信頼性が確保されます。

※2 「等級3」は、建築基準法の基準よりも厳しい内容になりますが、「将来の高齢化に備える」レベルとされており、加齢、病気、怪我などによって、身体の機能が低下した際の「移動時の安全性」が確保されているかどうかの、よき判断基準となります。

階段安全性チェック機能

階段安全性チェック機能


このページのトップへ

省エネ・エコロジー配慮型の家電パーツを新搭載

省エネ・エコロジー配慮型の家電パーツ

省エネ型の家電パーツを追加

省エネ・エコロジー配慮型のエアコンや冷蔵庫など家電パーツを新搭載。

有名メーカー32社の家具・建材、雑貨なども合わせ、住宅用素材データを6100点以上収録。


このページのトップへ

住まいの環境性能を診断

「環境性能講座」

エコ度や防犯性など、人にも環境にも優しく、末永く暮らせるエコ住宅の極意を建てる前に優しく学べる「環境性能講座」を搭載しています。

住宅性能を高めることは勿論、環境配慮・低ランニングコストを実現することで、将来的な住宅の価値まで検討できます。学んだ後は、アンケートに回答して「夢のわが家」を自己診断!
専門的な知識がない施主の方でも、簡単にわが家の「エコ度」をチェックできます。

環境性能講座

環境性能講座

環境性能診断 診断結果

環境性能診断 診断結果



このページのトップへ