3DマイホームデザイナーPRO5

この製品は販売を終了しました。最新版「3Dマイホームデザイナー」をご検討ください。
3Dマイホームデザイナー シリーズ紹介ページはこちら

活用事例

クライアントから取引業者まで、コミュニケーションにフルに活用しています。

池袋から電車で1時間あまり。
山憲工務店は、広々とした田園風景が広がる埼玉県大里郡で三代続く建設業者。

老舗の工務店として地域に根付いた仕事を旨としていますが、TVチャンピオン大工王選手権に出場し、見事準優勝を獲得するなど、アクティブな一面も見せています。

伝統的な大工仕事に、3DマイホームデザイナーPROはどのように活用されているのでしょうか?

山憲工務店の山口幸隆さんにお話を伺いました。

(有)未来舎 代表取締役 原 宏志 氏


伝統的スタイルに個性を注ぎ込む

「このあたりは田舎で敷地面積もゆったりとしているので、オーソドックスな住宅の要望が多いんですよ」と山口さんは言う。

南向き玄関に、スクエアな間取りの二階建てという基本的なスタイルで、多くの施主は概ね納得するのだそう。

それだけに他社との差別化は、外壁材の選択や屋根の形状などのデザインがポイントとなります。

「3DマイホームデザイナーPROなら、外壁材や屋根形状の違う外観パースを簡単に作れますので、施主様が納得されるまで、入念に打ち合わせができます」打ち合わせの中で変化していった、外観パースの例を見せていただきました。

伝統的なスタイルであっても、外壁材や屋根形状が違うだけで建築物は多様な個性を見せます。

3DマイホームデザイナーPROを活用することで、意匠の違いがわかりやすくなり、施主との比較検討に効果を発揮しているようです。

和風の提案が最終的に洋風の外観になった例

リアルタイムにプレゼンテーション

施主との打ち合わせには、ノートパソコンを持参する山口さん。
要望をヒアリングしながら、3DマイホームデザイナーPROで外観の質感やカラーをシミュレーションして見せるそう。

「目の前で3Dの家の外観をどんどん変えてお見せすると、とても感動してもらえますね。TVチャンピオンに出場したときも、周囲の風景写真を背景に取り込んで、リアルタイムに壁材を変更して見せたのですが、大変喜んでもらえました」

きれいに印刷したプレゼンボードも有用なツールだが、パソコンを使ってのリアルタイムプレゼンテーションなら、さまざまな角度から外観をチェックできるので、さらに説得力のある打ち合わせができます。

「3DマイホームデザイナーPROは操作が簡単なので、施主様の前でもスムーズにシミュレーションをお見せすることができるんです」

テレビチャンピオンで作成したパース

腕を磨くのにも最適

個人サイトで依頼を受けて作成した住宅の例

「3DマイホームデザイナーPROを使って設計の腕も磨いています」と一級建築士でもある山口さんは言います。「地元で建てる家はどうしてもオーソドックスなものが多いので、設計のバリエーションが増やせません。なので、個人的に運営しているホームページで、無料で3Dパースの作成を受け付けています」

地元にはない狭小住宅やユニークな間取りでの申し込みが全国から寄せられているとのことで、住宅設計のバリエーションを広げることにも3DマイホームデザイナーPROは一役買っているとか。

「3DマイホームデザイナーPROは、ハイクオリティなCGパースが低価格で実現できるのがいいですね。それに簡単だけれど、奥の深いソフト。使い方を研究してよりインパクトのあるプレゼン資料を作りたいですね」

その他の活用事例レポート 活用事例トップ CASE1 CASE2 CASE3 CASE4 CASE5

ページのトップへ戻る