3DマイホームデザイナーPRO5

この製品は販売を終了しました。最新版「3Dマイホームデザイナー」をご検討ください。
3Dマイホームデザイナー シリーズ紹介ページはこちら

活用事例

座談会終了後、「3DマイホームデザイナーPRO5」β版を初めて体験してもらいました。

座談会参加者がパソコンの画面を見ている写真 3DマイホームデザイナーPRO5画面

 

座談会を終えて〜PRO5体験後の感想〜

坪田氏の感想

自分がよく使う機能が必ずしもほかの人が使うわけではなかったり、あまり使わない機能が思わぬ使われ方で効果をあげたりしていること
に感心しました。

このソフトに期待されているものが、人によってすごく幅があるということなのだと思います。そういう意味で、3Dマイホームデザイナーは奥が深いんだなと思いました。

PRO5の新機能でうれしかったのは、ウォークスルーが簡単になった点。
ほかにも、使いやすさはそのままに色々な機能アップが計られており、かなり期待できると思います。

参加者の作品紹介

坪田氏の作品。好きな素材は、杉、ナラ、クリの木、土、漆喰、和紙、鋳鉄、電燈の明かり。欲しいパーツが見あたらないときは、ほかのソフトから探してきて取り込む。

作品1
拡大

F邸

作品4
拡大

M邸

作品3
拡大

山坂の家

作品2
拡大

某邸鳥瞰

作品5
拡大

青の美術館

 
笹田氏の感想
大変勉強になりました。

ソフトの初期バージョンから使用されている方々と同席させていただき、貴重な情報を得ることができました。

また、ユーザーの立場で開発・販売されているメガソフト社の苦労や販売姿勢がよくわかりました。

PRO5で最も気になった点は、やはり画質向上でしょうか。パノラマ背景や連続レンダリングも、威力を発揮することと思います。

参加者の作品紹介

笹田氏の作品。「code name:Denim」は第7回 3Dマイホームデザインコンテストで最終選考作品にノミネートされた。シンプルながら存在感のあるデザインはスタッフの記憶にも新しい。

作品1
拡大

code name:Denim

作品4
拡大

U's House

作品3
拡大

H's House I

作品2
拡大

K's House

作品5
拡大

Orange☆House I

 
太田氏の感想
同じような使い方や「なるほど」と思える話が聞け、貴重な時間を過ごさせていただきました。

PRO5では、ユーザーが望む機能が多く搭載されていることが、メガソフト社スタッフのていねいな説明でわかりました。

β版のPRO5を操作しましたが、操作性の良さはそのままで、操作画面上での画質向上や連続レンダリングなど、プロユーザーにとって朗報づくめの製品という印象。発売日が待ち遠しいですね。

参加者の作品紹介

太田氏の制作したパース。 「3DマイホームデザイナーPRO4」で作ったデータを「3Dインテリアデザイナー」にコンバートして出力した。リフォームで4〜5枚、新築だと鳥瞰図、リビング、玄関まわりなど計20枚前後描くことも。

中庭のある家


座談会を振り返って

設計のお仕事といっても皆さん同じことをしているのではなく、さまざまな仕事の進め方があることを実感しました。
今回、参加者の皆さんからは身に余るコメントを数多くいただきましたが、これに甘んじることなく、1人でも多くのお客様にご満足いただけるよう今後も製品の改良を続けていきたいと思います。


前のページへ

ページのトップへ戻る