3DマイホームデザイナーPRO4

この製品は販売を終了しました。最新版「3Dマイホームデザイナー」をご検討ください。
3Dマイホームデザイナー シリーズ紹介ページはこちら

活用事例・お客様の声
ソフトの特性を活かした連携が生み出す相乗効果(オーダー家具販売)

3DマイホームデザイナーPROをお使いのビルダーさんに取材協力いただき、ソフトをどのように活用されているかをご紹介していくページです。

今回は、北青山でオーダーメイドのシステム家具「AMAT」のショールームを開設されている、株式会社伸晃 東京営業所長の木村勇人さんにお話を伺いました。
「3DマイホームデザイナーPRO4」と「3DインテリアデザイナーPRO2」の連携で、説得力のあるプレゼンと業務の効率化を同時に実現されている、その活用方法とは?
(以下、木村さん談)

3DマイホームデザイナーPROとの出会い
●ソフトを使うようになったきっかけ

オーダー家具という商品特性から3DCGによるプレゼンテーションは必須と考えていましたので、パソコンショップで3DCGソフトをいろいろと探しました。

美しい画像を作れるCGソフトはいろいろありましたが、価格・操作性、家具の部屋へのレイアウトなど後々の使い勝手の良さを考えると、このソフトしかないと確信して導入しました。

●ソフト利用者

自分とショールームスタッフ、3人が全員操作しています。
女性スタッフにも扱いやすい操作性が気に入っています。

●3DマイホームデザイナーPRO歴
約2年
 
インタビュー
質問 すてきなショールームですが、お客様は主に個人の方ですか?
回答

個人のお客様はもちろん、法人様とのお取引もいたしております。

ショールームに来られる方の多くは個人のお客様ですね。
ここに来ていただければ、AMATの家具を体感していただけるようにさまざまな実物サンプルを展示しています。

法人様としては、リフォーム会社さんやマンションデベロッパーさんにAMATならではの提案をしています。

会社概要

株式会社伸晃 AMATショールーム(東京都)
AMATのサイト

東京営業所長:木村勇人氏の写真
東京営業所長:木村勇人

■住所:東京都港区北青山3-6-19バイナリー北青山3F
■電話:03-6418-5567
■従業員数:3名
■創立年月:2003年8月
■東京営業所長:木村勇人
■仕事へのこだわり:
アマットは、すべての製品が特注品となる受注生産システムでお客様の満足を形にします。
初めてのご来店から納品後のアフターサービスまで、誠意と責任を持って対応させていただきます。

 
 
質問 具体的にはどのように活用されていますか?
 
回答

PRO4で作成した部品(スライド棚)AMATの家具はお客様のニーズをもとに、天板や側板など、用意された多様なパーツから最適なものを組み合わせて作る特注家具です。

ショールームにあるものはあくまでも一例でしかありません。そこで、納得いただける家具をお客様と一緒に作っていくために、3DマイホームデザイナーPRO4を活用しています。

最初に3ヶ月ほどかけて、AMATの主な家具パーツを3Dマイホームデザイナーのモデリング機能で製作しました。

このパーツを使って、お客様の要望する家具の用途、サイズ、材質、収納したいものにマッチした家具を3DマイホームデザイナーPRO4上で製作します。

実物の工程と同じように組み立てていくことで3Dのオリジナル家具ができあがります。
作成した家具はお客様の部屋のサイズで作成した間取りデータ上にレイアウトして、大きさや位置などを検討します。

こうして完成した部屋のデータを「3DインテリアデザイナーPRO2」データ形式で保存し、3DインテリアデザイナーPRO2でレンダリングして仕上げています。

 

3Dマイホームデザイナーでレイアウトしたデータ画像 実際に建てると・・・ 3Dインテリアデザイナーでレンダリングしたデータ画像
3DマイホームデザイナーPRO4で
レイアウトしたデータ
 
3DインテリアデザイナーPRO2で
レンダリングしたデータ
   
 
質問 3DマイホームデザイナーPROを導入して特に良かった点は?
 
回答

平面的な図面ではなく、3Dでお客様に提案することで家具の仕様を正確に伝えることができるようになりました。

3DインテリアデザイナーPRO2で仕上げた3Dパースは大変リアルで「まるで写真のようだ」とお客様からよく感心されます。
このリアルさにはお客様の想像力も刺激されるようで、質感や収容形態などの要望をより具体的に煮詰めていくことができます。

こうしてできあがったAMATのオリジナル家具は、お客様に大変満足していただいています。

また、パーツデータにはすべて単価を設定していますので、3Dマイホームデザイナーのパーツリスト出力機能で、その家具に使用したパーツを書き出すことで簡単に見積もりを作成することができます。

見積もりを出すために3Dで家具を組み立てている、という面もありますね。

CGで作成したプランイメージ図 実際に建てると・・・ 実際の施工写真
CGで作成したプランイメージ
 
実際の施工写真
 
取材後記

AMATさんでは、間取りの作成やオリジナル家具のモデリングは3DマイホームデザイナーPRO、レンダリングは3DインテリアデザイナーPROと、それぞれのソフトの特徴を上手に連携して使用し、業務効率と高品質を両立させた訴求力の高いプレゼンテーションを行っていらっしゃいます。

ショールームにある本物の家具を目の前にしながら、自分のニーズに合わせて設計されたリアルな3DCGのパース図を見て思いを馳せる。

AMATのショールームは、リアルとバーチャルが絶妙に組み合わされたすばらしいプレゼンテーション空間でした。

(レポーター わき)

「3DインテリアデザイナーPRO2」製品紹介
活用事例・お客様の声 バックナンバー
ページのトップへ戻る