さらに高画質な「ラジオシティレンダリング」を実現
シリーズ製品「3DインテリアデザイナーPRO Version2」に室内空間のデータを引き渡すことができ、さらにリアルな照明計算(ラジオシティレンダリング)を行って出力することが可能です。
「3DインテリアデザイナーPRO Version2」が別途必要になります。
連係に関する詳細ページをご覧ください。

3DマイホームデザイナーPRO4
3DインテリアデザイナーPRO Version2
リアルな照明計算機能(ラジオシティレンダリング)で出力することが可能