3Dマイホームデザイナー2006

よくあるご質問

ご購入前にお客様からよく寄せられるご質問とその回答を掲載しております。
ご利用になられてのよくあるご質問についてはサポートページ掲載しておりますのでご覧ください。

質問
3Dソフトは初めてですが、簡単に家を建てることができますか?
回答

はい。
マウスでのクリック、ドラッグ操作のみで間取りを作成でき、ワンボタンで簡単に立体化することができますので、3Dソフトがはじめてでも3Dの家のイメージを作成していただけます。

また、家づくりの手順を示す「マイホーム作成ナビ」を搭載していますので、ナビゲーションにそって操作すれば、間取りプラン作成・建具や家具の配置、インテリア・エクステリアデザインに、手順に迷うことなくお使いいただけます。


質問
旧バージョン(Ver.2005)との違いを教えてください。
回答
以下のページでご説明していますので、ご覧ください。
バージョンアップポイント

質問
3Dマイホームデザイナーシリーズ製品との互換性はありますか?
回答

旧バージョンのデータを読み込んで表示することが可能です。
また、業務用3DマイホームデザイナーPROシリーズとデータのやりとりが行えますので、3DマイホームデザイナーPROシリーズを使用している工務店や建築業者との打ち合わせがスムーズに行えます。

※3DマイホームデザイナーPRO4以前のバージョンでは間取り図で配置された家具や住宅設備が表示されません。
※一部新機能については、正しく表示されなかったり、リビジョンアップが必要になる場合があります。


質問
業務用の3DマイホームデザイナーPRO5とはどう違うのですか?
回答

3DマイホームデザイナーPRO5は、3Dマイホームデザイナー2006の機能に加えて

  • 5,000×5,000ピクセルまでの高解像度レイトレーシング
  • 屋根を1面ずつ作成(編集)することが可能なので、複雑な屋根も表現可能
  • 作成途中画面の高画質化を実現
  • 間取り図やパース図をレイアウトして効果的な提案資料を作成できるプレゼンボード作成機能
  • 断面表示、ホワイトモード機能
  • 三次元DXFの読み込み機能

上記の機能を追加搭載したプロツールです。詳しくは下記ページをご確認ください。

3Dマイホームデザイナーシリーズの比較



質問
6ヶ月無料という住宅素材ダウンロードサイト「データセンター」とは、どのようなサービスですか?
回答

20,000点以上の住宅用素材データ(3Dパーツ、テクスチャ、背景画像)を提供しているインターネット上のサービスです。

3Dマイホームデザイナー2006では、データセンターの素材データをソフトウェアの画面から一括検索できるようになりました。
それらの素材をマウスでドラッグ&ドロップするだけで、作成中の間取り図や立体化された家に取り込むことができます。

一度取り込んだ素材は、自動的に保存されます。

3Dマイホームデザイナー2006では、このサービスを新規登録時から6ヶ月間無料でご利用いただけますのでぜひご利用ください。

データセンター


質問
素材データは自作できますか?
回答

はい。  
3Dマイホームデザイナーシリーズには、形状を自作できる「モデリング機能」を搭載しており、立方体や円柱などのさまざまな形状を組み合わせて3Dパーツを作成できます。

また、外壁材やクロスをデジカメやスキャナで撮り、テクスチャデータとして利用可能なファイル形式に加工する「テクスチャ作成機能」も搭載しています。


質問
建設予定地の風景を取り込みたいのですが・・・
回答
デジカメで撮影した画像やスキャナから取り込んだ画像ファイルを加工し、背景画像として表示することができます。

質問
何階建てまで作成できますか?
回答

間取り図から立体化する場合は、地上4階+地下1階の5階分を作成できます。
3D画面で形状作成ツールを使って、自分で工夫して作成する場合は、階層の制限は特にありません。


質問
ガーデニングの検討に使いたいのですが…
回答

3Dマイホームデザイナーは間取りや家の外観検討だけではなく、庭やエクステリアの検討にもお使いいただけます。

データセンターには門扉やウッドデッキ、敷石や噴水など、さまざまなパーツを用意していますので、ガーデニングの検討にも最適です。


質問
つくった間取り図や立体イメージで工務店の方に相談したいのですが…
回答

間取り図や立体化後のパース図をそれぞれカラープリンタで印刷できるので、口頭では伝えにくいイメージ・ニュアンスを伝えることができます。

また、3DマイホームデザイナーPROを使用している工務店や建築業者となら、データをやりとりしてさらにスムーズな打ち合わせをおこなうことも可能です。


質問
OpenGL対応ボードなどの高機能なグラフィックスボードは必要ですか?
回答
パソコンのマザーボードにグラフィックス機能が搭載されていれば、特に別途搭載しなくても内蔵されているボードで稼動します。

質問
Direct Xには対応していますか?
回答

はい。
3Dマイホームデザイナー2006はDirect Xに対応していますので、お使いのパソコンの環境に応じて、よりスムーズな画面表示で操作を行うことが可能です。

※DirectXモード使用時には32MB以上のビデオメモリが必要です。


質問
Macで使いたいのですが・・・
回答

相済みませんが、Mac版は発売しておりません。

またWindowsのエミュレータでお使いいただく場合も動作保証外となりますので、ご了承ください。


質問
自分のホームページで3Dマイホームデザイナーを紹介したいのですが・・・
回答

製品をご紹介いただく際にパッケージ画像が必要な場合は、製品パッケージ画像よりダウンロードしてご利用ください。

リンクの設定について、詳しくは著作権・リンクについてをご覧ください。

ページのトップへ戻る