3Dマイホームデザイナー2006

間取り図を描く

■部屋を配置する

あらかじめ用意されている部屋をドラッグ&ドロップで配置するだけで間取りを作成できます。多角形の部屋やR壁など、変形の間取りも自由自在に作成できます。
マイホーム作成ナビの手順に沿って進めるだけで、間取りのイメージを完成させることができます。

 

部屋を配置する画面

■建具・階段を配置する

階段の段数やステップの幅などを自由に設定できます。
ドアや窓は、開く方法やサイズを自由に設定できます。

建具・階段を配置する画面

■設備機器・家具を配置する

キッチン・トイレ・システムバスなどの水廻りの設備やダイニングセット・テレビ・ソファなどの家具、照明なども間取り図に配置できます。玄関やアプローチ、庭木、カーポートなどのエクステリア部分までシミュレーションできます。

また、コンセントや換気扇など設備記号も間取り図に書き込めるので、建築業者との間取りの打ち合わせにもたいへん便利。

設備機器・家具を配置する画面

■詳細ウィンドウで確認する新機能

新機能として、パーツ、テクスチャなどを詳細画面で確認できるようになりました。
パレットのサムネールをクリックするだけで、360度回転してパーツを確認したり、商品写真を拡大してみたりなど、家具を配置した際の間取りのイメージが膨らみます。

パーツ詳細ウィンドウ画面
パーツが360度回転 商品写真

 

その他にもこんな機能があります

●間取りサンプルファイルを選ぶ

条件を選択すると、168点の中から間取りプランが絞り込まれます。
自分で間取りを考案する際に、部屋の位置やつながりなどを参考にできます。

間取りサンプル画像

●スキャナで間取り図を読み込む

購入した土地の図面や設計図、折込チラシなどの間取り図をスキャナで読み込んで、間取り作成時の下絵として利用できます。

スキャナで間取り図を読み込む写真

立体イメージをつくる 詳しく見る

ページのトップへ戻る