新機能のご紹介

新機能のご紹介(アップデート1.01)

「3Dイラストデザイナー」は新規機能を随時追加しています。
新機能を追加するにはアップデートが必要です。

SketchUp™データの読み込み

SketchUp™で作成したデータ(.skp形式)を3Dイラストデザイナーに読み込み、3D素材として活用できます。

※SketchUp™側で3Dモデルに設定した模様・色は保持された状態で読み込めます。

SketchUpデータの読み込み

SketchUpデータの読み込み[ファイル]→[パーツを読み込む]→[SketchUpデータを読み込む]から保存先のファイル(.skp形式)を指定してください。.skp形式のデータが3Dイラストデザイナーに読み込まれます。


立体的に見える画像(マルチピクチャ形式)を出力

3D携帯電話、3DTV、携帯型3Dゲーム機などで立体的に見える画像(マルチピクチャ形式)を出力します。

3D携帯電話
      3DTV、その他携帯型3Dゲーム機など

マルチピクチャー形式で画像出力

 

[ファイル]→[立体的に見える画像(マルチピクチャー形式)を出力]を選択。出力先のデバイス機器、立体感を設定できます。

出力した画像はUSBメモリやSDカードに保存し、3D表示に対応しているデバイス機器で読み込んでください(詳細はお使いの機器のマニュアルをご参照ください)。

アレンジセットの入力・出力

アレンジセットを.ars形式のファイルとして入力・出力できます。
アレンジセットファイルを出力して、他のパソコンで入力すれば、違うパソコンでも同じアレンジを設定することができます。

また今後「作例集ページ」でアレンジセットを配布予定です。

アレンジセットの入出力

アレンジセットの入出力

 

[アレンジ]タブの「アレンジセット登録・削除」ボタンをクリック→「アレンジセット新規登録・削除」画面の「アレンジセット入力」「アレンジセット出力」ボタンから.ars形式のファイルを指定・保存してください。

上記機能はアップデートすると使用できます。


このページのトップへ