閉じる
最初のページへ <前のページへ 2/10 次のページへ> 最後のページへ
こもれびのいえ 峯 麻子 さん
【制作時間】1か月未満

「こもれびのいえ」は私の両親と飼い犬で住むことを前提に作り上げ
ました。一番のポイントは飼い犬がどこに居るのかすぐに分かるよう
に、又平屋で横長な間取りなので壁を造ることによって迷路のように
なってしまうのを避けるべく、壁を排除し木のルーバーで部屋を仕切
る構造にしたことです。ルーバーや床・壁の素材を木にした理由は
、朝昼に日光が多く入る面が前面掃き出し窓でガラス張りなので、日
光を乱反射することなく一番自然に感じられると思ったからです。そ
して外部の縁側にも木のルーバーを設けています。居間の前の縁側は
両サイドより高さが低く周りのルーバーも犬が通り抜け出来ない間隔
になっています。これは飼い犬と遊ぶスペースとして居間と縁側を連
続的にし、居間から縁側にかけて緩やかな階段で縁側の高さまで床レ
ベルを低くしていき、掃き出し窓を開放することで居間と縁側を繋ぎ
内部と外部両方を楽しみながら遊べるようにと工夫しました。

拡大画像

最初のページへ <前のページへ 2/10 次のページへ> 最後のページへ
メガソフト トップ | 間取りソフト 3Dマイホームデザイナー | サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・リンク |
Copyright © MEGASOFT Inc.