第11回 3Dマイホームデザイナーコンテスト

トップページ コンテスト概要 受賞作品 ノミネート作品 応募作品 賞金・賞品 授賞式風景

受賞作品

Optimage賞

受賞作品

interior shop LdK

三品 幸英さん(京都府)
設計工房3-things

プロフェッショナル部門

この作品の画像一覧
受賞者のコメント

この度は、Optimage賞をいただきまして誠にありがとうございます。

店舗・インテリアデザイン業界では、CGパース描画というとShade・formZ・3dsMaxといった3DCGソフトが常識ではありますが、導入コストパフォーマンスと、初心者でも簡単に使用できること、そして何よりも「Optimage」のレンダリングエンジン「mental ray」の「高品質で多彩な表現力」と「早いレンダリング速度」が決め手になり、日々の業務の中で御施主様へのプレゼンテーションアイテムとして「3DマイホームデザイナーPRO6 + Optimage」を活用、重宝にさせていただいております

この作品「interior shop LdK」は、「坪ナンボ?」「結局、要は住宅設備機器に頼ってしまう」といった従来からの工務店・ビルダー会社が陥りがちな安易な旧態歴然としたリフォームの考え方を、生活雑貨を取り扱うインテリアショップを併設することによって、手に取ったマグカップから「自分らしい部屋=生活」をイメージできるように提案するショップ、すなわち、もしインテリアショップがリフォーム・リノベーションを行ったら「もっと心地よい空間の提案ができる」という逆転の発想のもと、パース作成時点からはプラン変更を繰り返しつつも、現在進行中の案件でございます。

パース作成に際しましては、光源設定で「あたたかい照明の表現」にこだわり、試行錯誤しましたが、間接照明の設定は、サポートページ「Optimageを使った建築パース作成講座」を随分と参考にさせていただきまして、とてもよい表現にすることができました。そして、何よりもインテリアショップなので、バランスと色を考えながら雑貨や小物を並べなければならず、データが重くなるのと闘いながら頑張りました。

「3DマイホームデザイナーPRO6 + Optimage」との出逢いに感謝いたしますと共に、もし「Optimage」のヴァージョンアップがございましたら、さらなる質感表現の向上と、陰影の濃淡ではなく「陰影の『やわらかい輪郭』表現」につきましても技術開発を期待しております。

本当にありがとうございました。

寸評
>三輪 浩之 氏(審査委員)

床タイル、キッチンの面材、ワークトップなどの素材感が自然で柔らかく、自然素材を多用した店舗のコンセプトが十分に表現されています。検討している建て主へのプレゼンとして申し分ないと思います。

>鈴木 康之 氏(審査委員)

都会的な洗練された作品。とても軽快で、センスがよく、色調もいいですね。シンプルですが見せどころは、しっかりアピールしているのは、さすがプロの作品と思いました。

>メガソフト株式会社
  • たくさんのパーツを配置してあるのに、センスよくまとめた技術に脱帽です。ビタミンカラーのグリーン&オレンジがよく利いていて、全体的な調和も感じられます。登録視点もよく練られており、魅せてくれました。
  • Optimageは光の表現が得意、とはいえ、なにも考えずに使うと光の効果だけに頼った作品になってしまうこともあるのですが、この作品は柔らかく自然な奥行を感じる絵になっていて、見ているとこんな店をもってみたい、という気持ちになってきます。Optimageという「道具」に流されることなく、あくまでもプレゼンを成功させるという目的志向の絵づくりをされた結果ではないでしょうか。素晴らしいと思います。
ページのトップへ戻る
メガソフト トップ | 間取りソフト 3Dマイホームデザイナー | サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・リンク |
Copyright © MEGASOFT Inc.