第9回 3Dマイホームデザインコンテスト 「3D」で伝えよう。あなたにとっての「豊かな暮らし」。
コンテストトップ コンテスト概要 受賞作品 応募作品 賞金・賞品 授賞式風景

賞金・賞品

準グランプリ
優秀賞
特別賞
奨励賞

奨励賞

ベストショット

神戸中学校 寸田 将成 さん(岐阜県) 「洋和風の家」

【ジュニア部門(個人)】

M3Dファイルダウンロード6.22MB この作品の一覧
受賞者のコメント

このたびは『奨励賞』に選んでいただきありがとうございました。とてもうれしく思います。

僕は初めて自分の作った家をコンテストに出しました。僕は小学校低学年の頃から休み時間などを使って家などを書いていました。家を書くといっても初めの頃は落書き程度の物から徐々にしっかりしたものを書くようになってきました。

手で書くのも良いけどPCを使って立体的に書きたいと思ったので第一号目に3Dマイホームデザイナーを買いました。初めの頃は操作が難しく、あきらめようと思ったときもありましたが、コンテストがあることを知って是非出してみたいと思い本などを読みながら使いこなすように努力しました。
しかし、今年は受験生と言うこともあってさすがに設計一本!というわけにも行かず平日の限られた時間や土日の中でしか設計が出来ませんでした…。少しずつやっていくうちにいくつか出来上がり出来たものを全部応募してみました。そしたら受賞していたので、とてもうれしくやってよかったと思いました。

今の時期あまり心の底から達成感や感動を味わえる機会がないので良い機会になってよかったです。ありがとうございました。

選評

>藤井 繁子 氏 (株式会社リクルート 住宅総合研究所 主任研究員)
外観はオーソドックスだが、暖炉のある土間を応接間として提案するなど古くて新しい感性の住まい方が面白い。

>川島 晴夫 氏 (株式会社リビング・デザインセンター 住宅ソリューション部長)
住まいに対してのいろいろな思いや夢を、いっぱい盛り込んでくれました。
いくつもの生活シーンを思い描いて、プランをつくった熱い気持ちが伝わってきます。

>鈴木 康之 氏 (株式会社扶桑社「新しい住まいの設計」編集長)
中庭、暖炉のある土間…家族との豊かな暮らしを共有するために欲しいモノをちゃんといれこみつつ、セキュリティやバリアフリーのことも考えていて完成度が高い。ちょっと欲張りだが、ぜひ実現して欲しい「豊かな暮らし」が、よく表現されている。

>メガソフト株式会社
中学生とは思えない発想。照明や収納の設置にも気を配っているのがよくわかります。

前へ

 

メガソフト トップ | 間取りソフト 3Dマイホームデザイナー | サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・リンク |
Copyright © MEGASOFT Inc.