MEGASOFT
日本最大級の住宅デザインコンテスト 第8回 3Dマイホームデザインコンテスト
コンテストTOP 概要 受賞作品 ノミネート作品 応募作品 賞金・賞品 授賞式風景
受賞作品
グランプリ
準グランプリ
 部門賞
マイホーム部門
夢のわが家編
マイホーム部門
建てます編
マイホーム部門
建てました編
プロフェッショナル部門
プレゼンテーション部門
フリー部門
スクール部門(個人)
スクール部門(団体)
 特別賞
ライフスタイル賞
オリジナルアイデア賞
エンターテインメント
空間賞
ジュニア奨励賞
オーディエンス賞
グランプリ
ベストショット+完成写真
山本 裕敏 さん(愛知県) 「I wish for "GALLERY"」
★選出ポイント

全部門のなかから最も評価が高かった作品

受賞者のコメント

まさか、まさかの『グランプリ』受賞に、私も家族も大変びっくりしました。大満足の家が実現できた上に、その3D設計図であるこの作品が最高の評価を頂き、驚きと感激、2重の喜びひとしおです。
この作品は、5年の歳月をかけて完成させた我が家の設計図であり、このソフトを利用して創意工夫、試行錯誤、喜怒哀楽を繰り返しながら、家族の夢を実現させた証明でもあります。
このソフトがなければこれだけ満足度の高い家はできなかっただろうとの想いがあり、「このソフトを作った方々や専門家に我が家を見てほしい」という気持ちで応募しました。今回の受賞は、私の“家”そのものが高く評価されたものと思って、我が家を大いに誇りたいと思います。ありがとうございました。

★寸評

>静岡文化芸術大学 デザイン学部 技術造形学科 教授 宮内 博実 氏

グランプリです。受賞、おめでとうございます。
じっくり考えた結果をビジュアルに表現するのは大変だったと思いますが、それも、今回の受賞と完成した家で十分報われると思います。
最初に見たときはほとんど気にならなかったほど、自然な表現が魅力の作品です。どこまでも素直に、自分が欲しい住宅をひたすら描き続けている跡が、じっくり見るとにじみ出てきます。コメントにあるように、周りを説得したり納得させるのに役立ったことも、努力の結果としての大きな「メリット」を感じさせてくれます。
何よりも、完成した家は見事な出来映えと思います。ここまで基本的な使い方は、まさに教科書であり、多くの人の参考作品としても相応しいと思います。。

>株式会社リクルート 住宅ディビジョンカンパニー 住宅総合研究所
  主任研究員 藤井 繁子 氏

新築住宅に住むと気付くのですが、この作品のように外から窓を通して中がどう見えるか? というシュミレーションも設計時には非常に有効だと思います。
親御さんや住宅会社とのコミュニケーションにも大活躍したようで、3Dソフトが実用ツールである事を証明してくれました。

>メガソフト株式会社

グランプリ受賞、おめでとうございます!
土地形状を意識して、じっくり検討を重ねた素晴らしい「マイホーム」ですね。
データに設定された視点を見ていると、作者の熱心な姿が目に浮かび、長い時間をかけて完成したマイホームに対する苦労以上の満足感がこちらにまで伝わってきました。
ありとあらゆる家具や小物を使って生活感のある空間を見事に演出し、実際に住む家を、ていねいに手を抜かずに表現した姿勢とその仕上がりは、高く評価できます。3Dマイホームデザイナーの活用法としては理想的といえるでしょう。コメントにも泣かされました。


 
メガソフト トップ | 間取りソフト 3Dマイホームデザイナー | サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・リンク |
Copyright © MEGASOFT Inc.