第1回 3Dマイホームデザイナースクールコンテスト

コンテストトップ コンテスト概要 受賞作品 応募作品

受賞作品

特別賞

団体:空間デザイン部門

団体空間デザイン部門 特別賞 京都ノートルダム女子大学 生活福祉文化学部 生活福祉文化学科
京都ノートルダム女子大学 生活福祉文化学部 
生活福祉文化学科
この作品の画像一覧

受賞者のコメント

このたびは「団体空間デザイン部門 特別賞」を頂きまして、ありがとうございます。この思いがけない嬉しい報せを学生と一緒に大変喜んでいます。

今回の応募は「空間意匠論」の授業課題をそのままエントリーしました。
この授業は、「インテリア要素が雰囲気に与える影響について学ぶ→コンセプトに沿ったインテリアを計画→表現する」といった一連の流れを15回で行います。御社のソフト導入前は「表現する」はCADや手書きパースの作成でこれに時間が多くとられましたが、導入後は、学生は納得のいくまで何度もやり直すことができ、その過程で雰囲気の変化を体験できるので作業そのものが学びにつながっています。
また本学部は衣・食・住、健康、福祉、保育が自由に学べるカリキュラムのため、建築製図の未履修者もこの授業をとりますが、製図経験の有無の差異が授業進行の妨げにならず大変助かっています。

時間外も課題に取り組まなければならなかったにも関わらず学生にはとても好評で、楽しみながら空間把握能力が養われ、インテリアを深く考える良い経験ができたと思います。
本当にありがとうございました。
さらにデザイナーズ家具の充実も期待しています。よろしくお願いいたします。
京都ノートルダム女子大学 生活福祉文化学部 竹原広実

寸評

町田 瑞穂 ドロテア 氏(株式会社町田ひろ子アカデミー取締役/一級建築士)

学生それぞれが自分独自のコンセプトをインテリアに反映させて、丁寧に取り組まれている様子が伝わってきました。
暮らしぶりが見える小物の使い方も空間デザインの表現として好印象です。


コンテストトップコンテスト概要受賞作品応募作品
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナー過去のコンテスト

ページのトップへ戻る