第1回 3Dマイホームデザイナースクールコンテスト

コンテストトップ コンテスト概要 受賞作品 応募作品

受賞作品

金賞

団体:建築科部門

団体建築科部門 金賞 大分県立工科短期大学校
大分県立工科短期大学校
この作品の画像一覧

受賞者のコメント

「団体建築部門部門」で金賞をいただくことができ、本当にうれしく思います。

今回、「自邸」という題材で各自が木造住宅をプランニングし、構造計算、模型など約1年かけて練り上げたプランの、パース制作とインテリアプランニングをおこなった作品です。
3Dマイホームデザイナーでは、仕上げ・家具の配置や色・質感の変更など自分たちのイメージを直感的に作成することができるため、限りなくイメージに近い作品にすることが出来たと思います。自分の思い描いたものが即座に形になるおもしろさに、学生も自主的に楽しく作成出来ました。
また、配色や家具のサイズ、使いやすい高さ関係など、ウォークスルー機能を使うことで体感したかのように学べました。
あまりパース作成に時間がとれない中、イメージを広げ各自が思い描いたものを最大限に形に出来たと思います。
大分県立工科短期大学校 小川千里

寸評

増田 豊文 氏(東北文化学園大学 科学技術学部 人間環境デザイン学科 准教授)

一戸建て住宅の設計課題であったが、外観や内観のCGをバランスよく作成していた。
さらに、夜のCGも表現しており、マイホームデザイナーの機能を十分活用していることが高評価に繋がった。
内観CGに照明効果を活用しているため、CGの質も高く、室内インテリアなどがリアルに表現されていた。
全作品ある程度のレベルに達しており、団体戦としてバランスのより仕上がりとなっていることが評価された。
欲を言えば、住宅の外観のデザインをもう少し工夫してほしかった。


コンテストトップコンテスト概要受賞作品応募作品
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナー過去のコンテスト

ページのトップへ戻る