第1回 3Dマイホームデザイナースクールコンテスト

コンテストトップ コンテスト概要 受賞作品 応募作品

応募作品

【団体部門】
「住」部門
【団体部門】
空間デザイン部門
【団体部門】
建築科部門
【個人部門】
建築科部門
【個人部門】
インテリア部門
【個人部門】
一般部門

【個人部門】建築科部門
応募作品数:12点
 

【総評】 増田 豊文 氏(東北文化学園大学 科学技術学部 人間環境デザイン学科 准教授)

全体的に、レベルのそれほどの差は感じられず、熱意をもってコンテストに取り組んだ成果が見て取れた。
ただやはり、CGの出来栄えに関しては、多少のテクニックの違いで、大きく差が出たように感じられた。
空間をアピールする上でCGは重要な役割を持つので、丁寧に作成する事が求められる。
また、課題条件を満たしているかを伝達するために、間取り編集の平面図かCGを活用した平面パースが欲しかった。
クライアントに設計内容を伝達するために、床面積など最低限図面に表現しなくてはならない事は何か考えてほしい。
しかしながら、短い授業時間の中でここまでの作品に仕上げた皆さんと指導者の方々に、敬意を表します。
設計はやればやるほど考えが深まり、よいアイデアが生まれてきます。
最後に、皆さんのこれからのさらなるご活躍を、期待します。



コンテストトップコンテスト概要受賞作品応募作品
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナー過去のコンテスト


ページのトップへ戻る
メガソフト トップ | 間取りソフト 3Dマイホームデザイナー | サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・リンク |
Copyright © MEGASOFT Inc.