第1回 3Dマイホームデザイナースクールコンテスト

コンテストトップ コンテスト概要 受賞作品 応募作品

応募作品

【団体部門】
「住」部門
【団体部門】
空間デザイン部門
【団体部門】
建築科部門
【個人部門】
建築科部門
【個人部門】
インテリア部門
【個人部門】
一般部門

【団体部門】建築科部門
応募団体数:6
 

【総評】 増田 豊文 氏(東北文化学園大学 科学技術学部 人間環境デザイン学科 准教授)

今回は、住宅から公共建築まで様々な作品が寄せられ、各学校における授業での取り組みの多様さを感じた。
また、CGのベストショット画像を何にするのか、アピールポイントの捉え方で、それぞれの作品の特徴が見て取れた。
CGに関しては、内装インテリアの画像が多く、マイホームデザイナーの特徴を良く活かしていた。
しかし、各作品間でCGの品質に大きくが出た結果となった。
その原因として、レンダリングの明るさを左右する環境光や照明器具などの光源設定があげられる。
これは、マイホームデザイナーのバージョンに左右されるのかもしれないが、よりリアスティックなCGに近づけるポイントである。
レンダリング設定を工夫して根気強くレンダリングを繰り返し、マイホームデザイナーの能力を100パーセント引き出してほしい。
最後に、皆さんのこれからのさらなるご活躍を、期待します。



コンテストトップコンテスト概要受賞作品応募作品
間取り&3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナー過去のコンテスト


ページのトップへ戻る
メガソフト トップ | 間取りソフト 3Dマイホームデザイナー | サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・リンク |
Copyright © MEGASOFT Inc.