【団体部門】空間デザイン部門

閉じる
最初のページへ <前のページへ 1/16 次のページへ> 最後のページへ
パステルカラーが基調のふんわりした家 小林 真衣 さん
【制作時間】24時間未満

1)設定された授業のテーマに意欲的に取り組めましたか?
意欲的に取り組めました。各部屋の色の使い方や生活感のある部屋になるように気をつけながら作業できました。操作のしかたもわかるようになって早く作業できるようになりました。

2)取り組むことができた理由は?または、取り組むことができなかった理由は?
最初はソフトの操作のしかたもどこから手をつけていいのかわかりませでしたが、だんだん慣れていくに連れて、自分で家が作れて出来上がっていくことに楽しさを感じることができました。

3)授業でこのソフトを活用するとどういうところが学習しやすいですか?
ソフトを利用することで、実際の家のように立体的に見ることができるので、デザインしていく上で、雰囲気をつかみやすいところ。好きな色、柄に自由に変えることができるところ。

4)ソフトの操作はどうでしたか?簡単に使えた、難しかったなど具体的に記載してください。
慣れてくるとだいたい使い方がわかってきましたが、自分の思った通り家具を移動させるのが難しかったです。物を浮かせることなく、本当の家と同じように作らなければいけないところに苦戦しました。家具の置き場所を考えるのも難しかったです。

5)つまづいたところがあれば内容を記載してください。また、そのときの私が一番つまづいたところは、カーテンを窓につけることろです。最初は本当に説明を何回聞いてもよくわかりませんでした。だから、まずは自分の思ったようにつけてみてから先生に見てもらい、ちがったところを直してもらう内にわかるようになりました。

6)授業についての感想(具体的の)
各部屋の用途や雰囲気にあったメインカラーの選び方やアクセントカラーの取り入れ方、パステルならパステル、ビビットならビビットでまとめるとバランスがよいことを学ぶことができてよかったです。使う色合いによって、同じ家具でもガラっと変わった雰囲気になるのが楽しかったです。

7)全体的な感想
全体的に自分の思ったとおりの各部屋をデザインすることができたので、満足しています。自分の思う各部屋のイメージカラーを中心にして雰囲気を伝えられるように気をつけました。子ども部屋は好きな色でかわいい感じに、寝室はおちついた大人な感じにLD&キッチンは温かみのある明るい感じにしました。先生にもかわいいとほめてもらえたのでうれしかったです。これからの課題は、どうしても自分の好きな色、柄を使ってしまうのでいろいろな色、柄を使ってコーディネートしていけるようにすることです。

拡大画像

最初のページへ <前のページへ 1/16 次のページへ> 最後のページへ