【団体部門】空間デザイン部門

閉じる
最初のページへ <前のページへ 11/15 次のページへ> 最後のページへ
夢の家  佐藤 李 さん
【制作時間】24時間未満

1)設定された授業のテーマに意欲的に取り組めましたか? 
夢の家ということで土地から自分で制作しました。自分が将来住みたい家がテーマだったので集中して取り組むことができました。

2)取り組むことができた理由は? または、取り組むことができなかった理由は?
自分が将来住みたい家を何もない状態から造り始めることができ広さや大きさに制限がなかったのでとても集中して取り組むことができました。

3)授業でこのソフトを活用するとどういうところが学習しやすいですか?
時間以外の制限がなかったため好きな家が作れる一方、コンセプトを決めることがむずかしかったです。そしてそのコンセプトにあった家ができたのか不安でした。

4)ソフトの操作はどうでしたか? 簡単に使えた、難しかったなど具体的に記載してください。 
ソフトの操作はとても使いやすくわかりやすかったです。カーテンの付け方や間取りと立体化をかえて操作するのが難しかったです。

5)つまづいたところがあれば内容を記載してください。また、そのときの対処方法はどうでしたか?
  (先生に教わった、友達同士で教えあった)
カーテンをつけるところが難しく、時間がかかりました。何度もやり直しました。

6)授業についての感想(具体的な)
「住みやすさ」を考えて家はつくられていると改めてわかりました。専門的にわかったわけではありませんが、これからも家について考えようと思います。

7)全体的な感想
”夢の家”といううことで、大きなテーマでした。私は将来平家に住みたいので、平家をつくりました。他の人たちが大きな家を造っている中「平家」という小さなものをつくっていてすこし失敗したかなと思ったけど、小さいだけに工夫した家ができたと思います。私は祖母が好きなので障害の少ない家にすませてあげたいと思い、自分が平家に住みたいと思うようになりました。作っていくなかで、トイレやお風呂にも障害があることを知り家にもたくさん障害があるのだと改めて考えさせられました。これからこの授業で経験、学んだことを生かして少しでも家について考えていこうとおもいます。

拡大画像

最初のページへ <前のページへ 11/15 次のページへ> 最後のページへ