【団体部門】空間デザイン部門

閉じる
最初のページへ <前のページへ 9/15 次のページへ> 最後のページへ
夢の家〜趣味を活かせる家〜 柴山 英美 さん
【制作時間】24時間未満

1)設定された授業のテーマに意欲的に取り組めましたか? 
毎週4時間の授業で作っては消して、作り直したり・・・といろいろ頭を回転させて自分の頭で考えている像をできるだけ作品として表せれるように取り組みました。

2)取り組むことができた理由は? または、取り組むことができなかった理由は?
先生がプロジェクターを使っていろんな家や家電の配置の違いによる機能性の違いなどを教えてもらいました。常に頭で考えながら作成できました。

3)授業でこのソフトを活用するとどういうところが学習しやすいですか?
難しかったです。初めは単純なものをつくっていたので、簡単だなーっと思っていましたが、欲がでてきて、それを形にしようとした時、この内容の難しさを知りました。

4)ソフトの操作はどうでしたか? 簡単に使えた、難しかったなど具体的に記載してください。 
窓は間取りでつけないといけなかったり、カーテンは立体化でしかつけれなかったりとあって、難しかった。

5)つまづいたところがあれば内容を記載してください。また、そのときの対処方法はどうでしたか?
(先生に教わった、友達同士で教えあった)
窓を1階と二階に一つの大きな窓にしたかったけど、なかなか高さとかでうまくいかなかった。先生に相談していたが結局一人でできた。

6)授業についての感想(具体的な)
みんな真剣に毎時間取り組んでいました。

7)全体的な感想
自分が将来住みたい家造りを考えて、日当たりのよさとか部屋の構成とかを考えながら一部屋一部屋作りました。だから、一部屋ずつに私の思いが詰まっています。普通科の学校ではこんな経験はできないので、とてもよい経験をさせてもらいました。

拡大画像

最初のページへ <前のページへ 9/15 次のページへ> 最後のページへ