第1回 3Dマイホームデザイナースクールコンテスト

コンテストトップ コンテスト概要 受賞作品 応募作品

応募作品一覧

【団体部門】空間デザイン部門
比治山大学短期大学部 総合生活デザイン学科
広島県

作品コメント
【ソフト導入歴】4年以上

1)授業のカリキュラムについて(テーマと題材設定の理由、目標、内容、時間数等など。)
 a)課題テーマ
  「戸建て住宅の設計」
   @設計条件にしたがって、戸建て住宅の平面図エスキースを作成し、提出する。
   A@のエスキースを3Dマイホームデザイナー(LS2)を使用して間取り作成の後、立体化してインテリア・エクステリアを仕上げ、提出する。
 b)題材設定の理由
  当該課題テーマは、本学科で開設している「住・インテリア設計製図U(2年次後期)」の授業(演習、1単位)の中で提示した課題です(当該科目のシラバス(講義概要)は別紙をご参照ください)。この科目はハウス・インテリア系列という分野の1授業科目であり、この系列を主専攻とする学生にとっては、住分野の総まとめ的な位置づけの科目としています。そのため顧客の要望にどう応え特徴をアピールするかという要求解決的な課題設定ではなく、学生の住まいに対する考え方、想い(「住まい観」)が出せるよう、設計条件の設定は最低限にとどめており、ある程度自由に発想し時間内に戸建て住宅にまとめ上げられるよう指導しています。戸建て住宅を課題に採り上げたのは、間取り作成の自由度が比較的高く、学生たちの自由な発想が実現しやすいと思われることからです。
 c)目標
  授業の目標は、シラバスにありますように「2D/CAD、3D/CADの操作法を修得する、プレゼンテーションの技法を修得する、住宅を人間一物一空間の繋がりとして総合的に把握できる」としています。本学科は、「生活」を中心に学び、社会の多様な問題を総合的に分析・解決できる人材の育成を目標にしていますので、操作法、技法の修得とともに住宅を設計するという作業を通じて、住むという行為と住空間をどう調和させるか、それを今までに学んだことを材料にして提案できることを目標にしています。
 d)内容
  次のような手順で進めています。
  ・手書きによる平面図エスキースの作成
   建物配置、間取り及びエクステリアの検討、敷地条件の確認
  ・3Dマイホームデザイナー(LS2)による間取り作成
   敷地作成、部屋のレイアウト、壁編集、階段配置、建具配置、住宅設備・家具配置、屋根
  ・3Dマイホームデザイナー(LS2)による立体化
   間取りの立体化、内外装の変更、家具のコーディネート、照明・光源設定、エクステリア当該ソフトは、1年次の授業(「CAD演習」「インテリアコーディネート」)においても使用しているので、これまでに学習した内容を復習しながら進めています。
 e)時間数等など
  当該授業は全15回(1回90分)のうち、エスキース(主に平面図)は5回程度の授業回数ですが、学生個々によって所用時間が異なるので、教員が固別対応することによって、個性ある住宅設計となるよう心がけています。間取りの入力やその立体化などの作業に3Dマイホームデザイナ−(LS2)を使用する時間は、シラバスに基づく授業計画では8回程度ですが、コンテストヘの応募を決めたのは、既にシラパスに基づいた授業課題を進めていた途上であったため、受講学生の希望を汲んで立体化作業の時間を2回延長して計10回(90分×10回:実質15時間)とし、その中でコンテスト応募用の「作品情報」も作成させています。そのため当初作成予定であったエクセルによるプレゼンテーションは、他授業にて実施済みでもあったことから、急濾オプション課題に変更するなど授業内容を一部変更して進めました。

2)このソフトはどのように授業に役立っているか。
 以前は住まいの間取りを考え、それを空間的に理解させるには、透視図を描かせ模型を作成させるなどの作業を行っていましたが、作業時間等に限りがあって必ずしも十分な成果を上げることができませんでした。このソフトは3D画像の表示やウォークスルーが簡単な操作でできるので、学生にとっては視覚的に大変理解しやすく、また、住への関心を惹きやすいと感じています。本学科の場合は、設計製図関係の授業は2科目2単位と限られていて作業時間確保に限界カがありますので、手軽に内部・外部の3D画像を簡単な操作で直感的に操作できるこのソフトは、授業効率の面からも大いに役立っています。

3) 3Dソフトを活用しての授業は先生にとってやりやすかったですか?やりにくかったですか?
 このソフトは平成11 (1999)年度以来本学科に導入し活用しておりますので、ソフト自体の扱いは教員側も使い慣れております。ユーザーインタフェースも視覚的に理解しやすいので、学生たちが自学自習しながら主体的に進めることも可能であり、学生にとってわかりやすく操作しやすいソフトであると評価しています。 また、手軽に物(住宅)作りの体験ができるのも優れており、間取り完成後立体化の段階へ移行して作業を続行する場合も、実際には立体化後に間取りの細かな調整が必要となるので、間取りと立体化の間をボタンーつで何度も行き来しながら試行錯誤を繰り返すことができます。その間に徐々に間取りと立体物(住宅)との関係を体験的に把握できるようになるのが、このソフトの空間を立体的に把握する手段として非常に優れているところであると思います。

4)指導者としての感想(成果や課題等)
 上記3)で記しましたようにこのソフトを利用するメリットは多々ありますが、現実には画面表示される立体画像(透視図)に対する理解が不十分な学生が多く、手描きによる透視図スケッチなどを苦手とする学生が多くいます。また、製図用具を利用した手描き図面がなかなか描けないといった問題点があると感じています。特に本学科の場合は、住居・インテリア関連の分野に属する専門的な授業科目は、講義系科目5科目10単位、演習系科目5科目8単位と限られており、しかもパソコンを主とした授業を組み立てていることから、ある程度は致し方のないことと思っておりますが、パソコンに依存しすぎの授業態勢を再検討する必要も感じております。 一方、平成22(2010)年度から、御社のご厚意によりデータセンターのパーツを活用させていただいて以来、パーツの選択範囲が格段に広がり、さらに最新製品の3Dパーツが利用できるなど、学生にとって個性的な表現の可能性が広がり、またバラエティーに富んだ空間作りが可能になったことは、学生の授業意欲の増進に大いに役立っております。 本学へ導入当初の当該ソフトは、現在と違って一つ一つの立体パーツを作成しながら、基礎から床、壁(壁の立ち上げ、窓穴あけ)、天井そして屋根作成と、順々に下から積み木細工のように作り上げていく方式であったと記憶しております。現在は間取りから立体化する過程の操作が格段に簡易にはなりましたが、利用者には完全にその過程がブラックボックス化されてしまい、一つずつ部品を組み合わせて空間を形作っていく「手作り」の良さというようなものが失われてしまったのは些か残念ではあります。住宅やインテリア空間を順序立てて作り上げていくかつての「積み木細工」型は、当然ながら実際の施工の過程とは異なりますが、学生が空間作りの達成感を味わうには教育上優れた方式であったと思っております。

【シラバス(講義概要) 住・インテリア設計製図U】
[科目名]
住・インテリア設計製図U

[担当者]
迫垣内 裕

[単位数]
1

[開講年次]
2

[開講学期]
2010年度後期

[概 要]
製図用具やパソコンを使用して具体的な課題をこなすことにより、住宅やインテリア設計における図面の読図力や表現技術の能力を養います。また、設計製図の行為を通じて人間一物一空間の繋がりを考え、住宅を総合的に捉えます。空間表現技法、CAD演習、住・インテリア設計製図Tの製図関連科目やその他の住・インテリア系列関係の講義・演習で習得した知識・技術の集大成として位置づけられる科目で、設定された敷地条件をもとにして一戸建住宅を設計します。

[教育目標との関連]
総合生活デザイン学科のカリキュラム・ポリシー3に該当する、ハウス・インテリア系列専門科目です。専門的学修と関連資格の取得、「生きる力」の育成を目指します。

[到達目標]
2D/CAD、3D/CADの操作法を修得する。
プレゼンテーションの技法を修得する。
住宅を人間一物一空間の繋がりとして総合的に把握できる。

[評価方法]
課題の完成度(80%)及び授業への参加状況(20%)によって評価します。

[備 考]
インテリアプランナー登録資格の取得に必要な科目です。後期の「CAD講習」及び2年次前期の「住・インテリア設計製図T」を履修していることが望ましい科目です。

[テキスト・教材・経費等]
『やさしく学ぶJw-cad6』(エクスナレッジ)(住・インテリア設計製図Tで使用)及び『住まいとインテリア』(インテリア産業協会)を使用します。

[授業計画]
1  :授業の概要、課題の説明
2〜 4:戸建て住宅の設計1 エスキース
5〜 8:戸建て住宅の設計2 2D/CADによる製図(敷地図・平面図など)
9〜12:戸建て住宅の設計3 3D/CADによる製図(パース)
13〜「5:戸建て住宅の設計4 プレゼンテーション

[学習上(予習・復習)のアドバイス]
ハウス・インテリア設計の集大成として一戸建て住宅を設計します。これまでに学習してきた知識・技術を確認しながら課題を進めてください。エスキース、製図作業には時間外学習が必要となりますので、空き時間を利用するなどして仕上げてください。住宅やインテリアの専門雑誌、住宅展示場・インテリアショップ、インターネットなどから常に最新の情報を入手して、この分野の傾向を把握しておきましょう。


18
最初のページへ <前のページへ 2/2 次のページへ> 最後のページへ

樺島 竜一 さん
作品画像
拡大する
金 允杓 さん
作品画像
拡大する
   

最初のページへ <前のページへ 2/2 次のページへ> 最後のページへ

作品画像一覧に戻る   ページのトップへ戻る