【団体部門】空間デザイン部門

閉じる
最初のページへ <前のページへ 10/18 次のページへ> 最後のページへ
家族の時間を大切にした家 曽根 千晴 さん
【制作時間】24時間未満

1)設定された授業のテーマに意欲的に取り組めましたか?
取り組むことができました。

2)取り組むことができた理由は?または、取り組むことができなかった理由は?
先生が丁寧に説明してくれたからです。

3)授業でこのソフトを活用するとどういうところが学習しやすいですか?
間取りを3D化することができるので、家全体のイメージがすぐに分かることです。

4)ソフトの操作はどうでしたか?簡単に使えた、難しかったなど具体的に記載してください。
住・インテリア設計製図Tで、このリフトの操作を練習したので、操作で戸惑うことはあまりありませんでした。

5)つまづいたところがあれば内容を記載してください。また、そのときの対処方法はどうでしたか?(先生に教わった、友達同士で教えあった)
間取りの構成につまづきました。対処方法として、先生や友人にアドバイスをもらいました。

6)授業についての感想(具体的な)
南側の日当りを良くしたり、家族のコミュニケーションを大切にする為に、リビングダイニングをできるだけ広くするなど、さまざまな工夫をしたりし、意欲的に取り組めました。

7)全体的な感想
この家のコンセプトは家族の時間を大切にした家です。家族のコミュニケーションを重視するために、リビングダイニングを広くとり、全体にゆとりのある住まいを設計することができたので良かったです。間取りは、住まい手の家族に合うように構成していかなければいけないので、設計することは大変だなと思いました。

拡大画像

最初のページへ <前のページへ 10/18 次のページへ> 最後のページへ