【団体部門】空間デザイン部門

閉じる
最初のページへ <前のページへ 4/18 次のページへ> 最後のページへ
家族の団らんを大切にしたゆとりのある家 大塚 友紀菜 さん
【制作時間】24時間未満

1)設定された授業のテーマに意欲的に取り組めましたか?
取り組めました。

2)取り組むことができた理由は?または、取り組むことができなかった理由は?
住まいについて興味があったからです。

3)授業でこのソフトを活用するとどういうところが学習しやすいですか?
間取り作成や、立体化が簡単にでき、すぐに修正できるところが良かったです。時間がかからない点で効率的で学習しやすいと思います。

4)ソフトの操作はどうでしたか?簡単に使えた、難しかったなど具体的に記載してください。
様々な機能があるので、初めは大変でしたが、視覚的に理解しやすいので、使っていくうちに修得できました。

5)つまづいたところがあれば内容を記載してください。また、そのときの対処方法はどうでしたか?(先生に教わった、友達同士で教えあった)
玄関のポーチのところに屋根を付けるときにつまずきました。そのときは先生に教わり解決できました。

6)授業についての感想(具体的な)
初めは完成するか不安だったけど、実際に設計していくうちに楽しくなり、完成した時は、達成感がありました。なかなか部屋の配置が決まらなくて、間取り作成に時間がかかってしまいましたが、結果的にテーマに合った、納得のいく家ができたと思います。

7)全体的な感想
住まいを設計するということはいろいろなことを総合的に考えながら部屋の配置などをしていかないといけないということが分かりました。授業を受ける前より住まいに対してさらに興味がわきました。つまづくこともあったけど、先生に教わったり友達と協力し合ったりして完成させることができました。住まいを設計するのは簡単なことではないということも、完成したときの達成感も味わうことができたので、この課題を行ってよかったと思います。

拡大画像

最初のページへ <前のページへ 4/18 次のページへ> 最後のページへ