【団体部門】空間デザイン部門

閉じる
最初のページへ <前のページへ 16/23 次のページへ> 最後のページへ
広々とした住みやすい家 廣川 明日香 さん
【制作時間】24時間未満

家族で住めるような広々とした家にするよう心掛けました。全体的にシンプルなイメージで、部屋の中が広く見えるよう家具の色や形等、配慮しました。そして、部屋を多めに作り、1人1人の個室を設けました。また、収納スペースをたくさん作ることによって、物がごちゃごちゃ溢れるのを防ぐ工夫をしました。外観については、緑に囲まれた家というモチーフで作成しました。樹木をたくさん置き、芝を敷きました。庭にはテーブルと椅子を配置し、くつろげるスペースを設けました。

1)設定された授業のテーマに意欲的に取り組めましたか?
テーマが「やさしさと共存する家」ということだったので、私は家族で住めるような家にしようと思い、試行錯誤を繰り返して取り組みました。意欲を持って授業に臨むことが出来たと思います。

2)取り組むことができた理由は? または、取り組むことができなかった理由は?
このソフトに入っている家具を見たり、部屋の配置を考えていくことが楽しくなっていったからだと思います。どのようなデザインにしたら住みやすいか、など考えていくのがとてもおもしろかったです。

3)授業でこのソフトを活用するとどういうところが学習しやすいですか?
間取りから立体化が出来るので、外観や部屋のイメージが出来、とてもデザインがしやすいです。

4)ソフトの操作はどうでしたか? 簡単に使えた、難しかったなど具体的に記載してください。
最初は立体化した際の操作が思ったように出来ず、難しいと感じましたが、慣れると使いやすいと思います。

5)つまずいたところがあれば内容を記載してください。また、そのときの対処方法はどうでしたか?(先生に教わった、友達同士で教えあった)
立体化してからの家具や小物の配置が思ったように出来ず、友達に相談しました。友達は、一回家具や小物を出してから、間取り編集に戻って改めて配置するといいと教えてくれました。また、家具の色の変え方等、様々なことを助言してくれたので、大変参考になりました。

6)授業についての感想(具体的に)
3Dでインテリアコーディネーションをすることが出来、とても楽しかったです。ソフトに入っている家具を見ているだけで、どんな家にしようか様々なイメージが膨らみました。

7)全体的な感想
この授業でインテリアデザインを行い、自分の好みの家や家具のイメージを明確にすることが出来ました。将来自分の家を持つ際には、この授業で行ったことを思い出したいと思います。とても楽しかったです。


拡大画像

最初のページへ <前のページへ 16/23 次のページへ> 最後のページへ