【団体部門】空間デザイン部門

閉じる
最初のページへ <前のページへ 12/23 次のページへ> 最後のページへ
安心感のある暮らし 小林 奈苗 さん
【制作時間】1か月未満

オープンキッチンにし、リビングとダイニングを見渡せる設計にしました。そうすることで、料理をしながらでも家族とのコミュニケーションをとることができます。また、オープンキッチンにし、仕切りをなくすことで部屋も広々と感じることができます。また、庭に畑を作ることで、今流行のロハスな生活を送ることができます。

1)設定された授業のテーマに意欲的に取り組めましたか?
意欲的に取り組みました。最初はCADの操作方法がわからずあまり積極的に取り組むことはできませんでしたが、慣れてくるうちに凝ったデザインを考えられるようになりました。

2)取り組むことができた理由は? または、取り組むことができなかった理由は?
家具や様々な装飾品を設置することによって、リアルな生活を考えることができ、将来、自分が住みたい家として具体的に考え作ることができたからです。

3)授業でこのソフトを活用するとどういうところが学習しやすいですか?
立体的に家を作ることができるので、奥行き等を考えることができた。

4)ソフトの操作はどうでしたか? 簡単に使えた、難しかったなど具体的に記載してください。
視点の動かし方が難しいと感じました。自分が見たい視点になかなか持っていくことができず苦労しました。

5)つまずいたところがあれば内容を記載してください。また、そのときの対処方法はどうでしたか?(先生に教わった、友達同士で教えあった)
部屋自体のコンセプトを考えるのが大変でした。友達と雑誌を見て相談して決めました。

6)授業についての感想(具体的に)
授業はとても意欲的に取り組むことができました。自分で家を作れるなんて夢のような授業でした。

7)全体的な感想
最初は家を作ることにわくわくしていましたが、実際に作り始めるととても難しいと感じ、授業を放棄してしまおうかと挫折しそうになりました。しかし、根気強くやっているうちにだんだんと慣れていき、家づくりも楽しくなりました。将来住みたい家!ということで実際に作っているとより楽しくなり、意欲的に取り組むことができました。

拡大画像

最初のページへ <前のページへ 12/23 次のページへ> 最後のページへ