【団体部門】空間デザイン部門

閉じる
最初のページへ <前のページへ 8/23 次のページへ> 最後のページへ
女ゴコロのわかる家〜女性がつくる女性の目線のおうち〜 小沢 仁美 さん
【制作時間】3ヶ月未満

外観から見ておしゃれな印象が持てるようにリビングをR壁にしました。リビングの内観ではR壁を利用して、まるでカフェテラスのような空間を作りました。女性にとってはひとときのくつろぎを味わえると思います。リビングは吹き抜けにすることで広い空間でのんびり過ごせるようにしました。広い空間にする工夫を吹き抜けの他にも和室とダイニングの壁を無くしました。また、リビングが吹き抜けなことで、2階の廊下から1階のリビングを覗くことが出来るので家族が自然と顔を合わせるような工夫もしています。白色を基調とした部屋が多くあり清潔感を印象づけています。キッチンも白色で統一した空間の中で料理を作れます。キッチンの隣には家事室を設けました。ちょっとした書きものもゆっくり集中して出来ます。3階には家族で楽しむことのできる屋上庭園があります。ガーデニングも楽しむことが出来ます。3階には2階のバルコニーから上がることが出来ます。外付けの階段で外観を普通の家とは違う個性を出しました。

1)設定された授業のテーマに意欲的に取り組めましたか?
設定された授業のテーマである「やさしさと共存する住宅」に対して私は住んでいる人にやさしい気持ちになってもらう家というイメージを持ちました。なので、家の中でもっとも家と向き合っているのは主婦である女性だと思いました。同じ女性として女性にやさしい気持ちになって家事を行ってもらいたいと思い女性からの目線で家を作ろうと考え「女ゴコロのわかる家」を作りました。

2)取り組むことができた理由は? または、取り組むことができなかった理由は?
私は同じ女性として女性にやさしい気持ちになって家事を行ってもらいたいと思い女性からの目線で家を作ろうと考えました。そのために、女性目線で女性が使いやすいキッチンやゆったりとくつろげるリビングをイメージして作りました。このような工夫からテーマにそって意欲的に取り組むことが出来たと思います。

3)授業でこのソフトを活用するとどういうところが学習しやすいですか?
外観を作る時に立体化しながら作成出来るのが使っていてやり易かったです。内観でも間取り図で作成するよりも立体化しながら作るほうイメージがしやすくて使い勝手が良かったです。

4)ソフトの操作はどうでしたか? 簡単に使えた、難しかったなど具体的に記載してください。
立体化した時の操作で使う回転が自分の思う通りに動かなくて難しかったです。立体化しながらのカーテンを窓に付ける作業も思う通りの位置につけることが出来ずに悪戦苦闘しました。しかし、間取り図での主な操作は簡単にこなすことが出来ました。

5)つまずいたところがあれば内容を記載してください。また、そのときの対処方法はどうでしたか?(先生に教わった、友達同士で教えあった)
普通の壁をR壁にする操作の方法が分からず悩みました。先生に質問をしたところテキストに載っていることを教えてもらいました。先生から聞いたテキストのページを参考にして壁を直しことが出来ました。また、R壁の一部を無くしたいと思ったのですが上手く壁を無くすことが出来ずに困りました。その時には教科書を使い自分で対応する事が出来ました。

6)授業についての感想(具体的に)
初めはソフトの扱いに戸惑うことが多くありました。使い方が分からない時には友達がサポートしてくれたので上手く操作する事が出来ました。また、友達に聞く他にも操作に困った時には先生が優しく質問に答えてくれてあまりつまずくこともなく作れたと思います。周りの人たちが支えてくれたおかげで設定された授業のテーマと自分の思ったイメージ通りに家を作ることが出来たと思います。家を作る際にはテーマ以外がほとんど自由に作ることが出来て楽しく学ぶことが出来たと思っています。

7)全体的な感想
授業を振り返ると家作りではまだまだやり残したことがあって少し悔しい思いをしています。もっと計画的に作業を進めることが出来たら良かったなと思いました。ですが、習ったことを十分に生かして自分なりの作品が完成したと思います。授業を受けていて本当に楽しかったです。先生が優しくてまだ授業を続けて受けていたい気持ちでいます。短い期間でしたがありがとうございました。

拡大画像

最初のページへ <前のページへ 8/23 次のページへ> 最後のページへ