【団体部門】空間デザイン部門

閉じる
最初のページへ <前のページへ 4/23 次のページへ> 最後のページへ
風通しが良くあたたかみのある家 伊藤 実香 さん
【制作時間】1か月未満

リビングの窓を大きめにして、開放感のあるようにしました。また、窓を大きくしたことで日当たりを良くしました。窓をなるべく多くつけて風通しの良い家にするように心がけました。3Dモデリングで、皿、コップ、ドーナツ、キャンディを作成しました。短い授業内での作成だったのでうまくソフトが扱えず大変なことが多くありましたが、とりあえず考えていたものは形にすることができたので嬉しく感じています。

1)設定された授業のテーマに意欲的に取り組めましたか?
取り組むことができたのではないかと考えています。

2)取り組むことができた理由は? または、取り組むことができなかった理由は?
自由に作成して良いということだったので、色々なアイディアが浮かび楽しく作成することができました。

3)授業でこのソフトを活用するとどういうところが学習しやすいですか?
自分でソフトを活用したことで、奥行をより理解することができ、効率的に作成をすることができたのではないだろうかと考えています。

4)ソフトの操作はどうでしたか? 簡単に使えた、難しかったなど具体的に記載してください。
最初の頃は奥行が掴むことができず、置きたいところにうまくものを置けなかったことが多くありました。

5)つまずいたところがあれば内容を記載してください。また、そのときの対処方法はどうでしたか?(先生に教わった、友達同士で教えあった)
高画質で画像を出力すると電気が付いていたはずなのに消えてしまうという現象がありましたが、先生に教わったことで解決をすることができました。

6)授業についての感想(具体的に)
授業を行っていて最も印象に残っていることは、3Dモデリングで、私は高校生のときにShadeという3Dソフトを使用した経験があったので、3Dモデリングは使用していて楽しかったです。

7)全体的な感想
ソフトを短い期間しか使用しなかった為、使いこなしきれないところが多くありましたが、CGとして家を作るのは楽しかったですし、失敗したこともありましたが、そこまで難しいソフトでも無かったので、思ったより割と簡単に作成ができたのではないかと思っています。

拡大画像

最初のページへ <前のページへ 4/23 次のページへ> 最後のページへ