【団体部門】「住」部門

閉じる
最初のページへ <前のページへ 5/5 次のページへ> 最後のページへ
快適な一人暮らし 幡江 亜沙子 さん
【制作時間】6か月未満

T.目的
現代は地方の実家でそのまま暮らすより都会で一人暮らしをする若者が増加しており、それに伴い地方の過疎化が進んできている。その理由は進学や就職など様々だろう。会社や学校側が寮を用意してくれる場合がある。寮なら食事など生活の負担が軽減されるが、時間の自由やプライバシーを優先したい、人間関係上のわずらわしさに振り回されたくないという考えを持つ人であれば一人暮らしを選ぶかもしれない。私もこれから、就職して仙台や東京での一人暮らしの可能性があるかも知れないと思い、快適な一人暮らしについて調べてみることにした。
U.方法
最初にインターネットなどで一般的な一人暮らし向けの部屋の間取りと生活の実情を調べた。次に住宅デザインパソコンソフト「3Dマイホームデザイナー」を使用し部屋の設計をした。
V.結果
快適な一人暮らしに必要な条件・台所や浴場、基本的な生活に不便を感じない程度の設備が整っていること。・賃貸料金が経済的な負担を与えない、手頃な値段であること。という2点を重視した。自炊ができる環境が十分であれば経済面でも健康面でも1つの「快適」が約束される。その点を踏まえて部屋にはコンパクトだが機能の充実した台所、洗濯機、浴槽など設置し不便の感じない環境を整えた。また風呂やトイレなどスペースの狭い水回りは廊下沿いにまとめて設置した。さらに一人暮らしの部屋には大きな台所は必要ないと考え、コンパクトだが食器乾燥機などの機能を充分に備えているキッチンを設置した。冷蔵庫や食器棚を設置するスペースもあるので健康的で楽しく食生活を営むことができると思う。あまり広いスペースでなくても、風呂と洗い場は別々にして浴槽に浸かれるように配置した。寝室やリビングなどは値段の制限があるため同じ部屋にしたが、一人で生活するには充分だと思う。そして同じ間取りでも生活する人間が違うと、インテリアがどのように変化するかを想像し、4通りの部屋を考えた。

1)設定された授業のテーマに意欲的に取り組めましたか?
取り組めたと思います。マンションの一室という小さな範囲でしたが、限られたスペースをどう有効に使うか、試行錯誤しました。

2)取り組むことができた理由は?または、取り組むことができなかった理由は?
「一人暮らし」は友達がしていたり、自分もいつ直面するかわからない問題なので、やりがいがありました。ネットを探したり、快適である条件を考えたり、がんばって取り組

3)授業の内容は難しかったですか?課題は簡単でしたか?(具体的に記載してください)
一人暮らしの部屋ということで範囲が限られている分、風呂やトイレ、キッチンなどをどう設置するかが、難しかったです。

4)ソフトの操作はどうでしたか?簡単に使えた、難しかったなど具体的に記載してください。
慣れるまで時間がかかりました。間取りは簡単でしたが設置して立体化した時の調整などに手間取りました。

5)つまづいたところがあれば内容を記載してください。また、そのときの対処方法はどうでしたか?(先生に教わった、友達同士で教えあった)
玄関の間取りでの壁の消去。友人に教えてもらった。

6)授業についての感想(具体的な)
以前にも、マイホームデザイナーを使った事はありましたが、今回本格的に使って、とても難しかったです。ある程度思い通りの部屋を作ることができたので良かったです。

7)授業を受ける前と受けた後で、住まいに関して何か変化したことがありますか。
今まで、あまり触れることのなかった、住宅関係を色々と調べているうちに住まいを選ぶうえで着目すべき点などがわかったと思います。

8)全体的な感想
今回、ソフトの操作に慣れるまでは大変でしたが、自分の考えたものに近い部屋を作れてよかったです。

拡大画像

最初のページへ <前のページへ 5/5 次のページへ> 最後のページへ