【団体部門】「住」部門

閉じる
最初のページへ <前のページへ 3/5 次のページへ> 最後のページへ
中庭のある家 菅原 志保実 さん
【制作時間】6か月未満

T.目的
現代は『核家族』で『共働き』という世帯が増え、また、子どもも塾通いや部活動によって帰宅時間が遅くなり、家族全員が家で過ごす時間が減少している。そこで、@家にいる時間を楽しむA共働きで忙しいお母さんに代わって家族全員で家事を分担するという2点に着目し、家作りを行った。
U.方法
パソコンソフト「3Dマイホームデザイナー」を用いて、間取りを作成し立体化した後、家具の配置などを行った。
V.結果
@家にいる時間を楽しむ 家の中でみんなが過ごせる場所がリビングのほかにもあったらいと思い、ベンチがある中庭と、2階の廊下にソファーとテーブルがあるホールを設けた。中庭をつくったことにより家の中の窓が増えて、明るく開放的な雰囲気になったが、各部屋からほかの部屋へのアクセスに少し時間がかかるようになってしまったのが反省点である。インテリアは全体的に暖色や茶色をメインカラーに使って、落ち着ける空間を作ることができた。A共働きで忙しいお母さんに代わって家族全員で家事を分担する どのような間取りだと家族が家事を手伝ってくれる機会が増えるかインターネットを使って調べたところ、「キッチンは家族共有の場に」という記述があった。その中に、キッチンをオープン系にしている家は子どもが料理を手伝ってくれる確率が、クローズ系のキッチンに比べて3割も高いとの調査結果があった。キッチンの手元が見え、親の目が届くことで小さい子どもでも手伝いをさせやすくなることが要因だという。そのため、キッチンはペニンシュラ型にした。また、食後の片付けの負担を減らすために食器洗い機を置いたり、家全体の収納場所の数をあえて少なくしてみんながどこにものがあるか把握できるようにしたりと、積極的に手伝いがしやすくなるように工夫した。

1)設定された授業のテーマに意欲的に取り組めましたか?
テーマは自由だったので自分で設定しましたが、意欲的に取りくめたと思います。

2)取り組むことができた理由は?または、取り組むことができなかった理由は?
やっぱり自由だったから。何にもしばられず理想の家が作れました。

3)授業の内容は難しかったですか?課題は簡単でしたか?(具体的に記載してください)
特にテーマが決まってなかったので、一から自分で考えるというのが自由ではあるけど難しかったです。

4)ソフトの操作はどうでしたか?簡単に使えた、難しかったなど具体的に記載してください。
使いやすかったです。

5)つまづいたところがあれば内容を記載してください。また、そのときの対処方法はどうでしたか?(先生に教わった、友達同士で教えあった)
窓にカーテンをつけるのが難しくて、部屋の中で浮いたりすることがありましたが友達にコツを教えてもらって、つけれるようになりました。

6)授業についての感想(具体的な)
ひたすらパソコンと向きあっている時間でしたが、自分の頭の中にあるものが、ソフトで仕上がっていくのが楽しかったです。

7)授業を受ける前と受けた後で、住まいに関して何か変化したことがありますか。
お店に行ったりすると、前より注意深くインテリアをチェックするようになりました。

8)全体的な感想
ソフトでの家製作を通して、家作りの大変さと家への興味が深まりました。

拡大画像

最初のページへ <前のページへ 3/5 次のページへ> 最後のページへ