チュートリアルTutorial

プランシートの作り方マンションリフォーム【1.コンセプト】

Concept

子どもが独立し、これからは夫婦2人で趣味を楽しむ空間にリフォーム。奥様ご希望のピアノ教室や共通の趣味である料理を楽しむためオープンキッチンにカウンターを設けることで、2人で料理も食事も楽しめるプランです。

PLAN-A

キッチンにダイニングテーブルを並べて設置し、大人数での食事や調理の動線を考慮したプランです。

PLAN-B

お客さまへ得意の料理をふるまう「おもてなしダイニング」プランです。リビングとダイニング別の部屋としてではなく、造作壁と家具によって区切ることで程よい距離感を演出します。

img-01

平面図の入力

既存の3Dデザイナーシリーズで現状の間取りを作成します。
既存の間取り図面がある場合は、その図面をスキャナなどで取り込み、下絵として利用することができます。
また、図面のCADデータが手に入る場合は、データを直接取り込むことも可。取り込んだ下絵のサイズや傾きを調整する機能や、下絵の中のポイントに吸着させる機能などを利用することで図面入力が簡単になります。 現状の家具配置を入力しておくと、お客様も「今の家」との違いがわかりやすくなります。
入力した図面は、もちろん提案用の図面としても利用できます。
このプランシートでは、現状の図面の部屋の色を「白」に設定し、提案プランが際立つようにしています。

複数プランを作成する

画面右上の表示項目で、「天井」と「小物」のチェックをはずして非表示にします。
天井に配置されている照明器具は天井と一緒に非表示になります。
天井と小物を非表示にしても表示されているパーツを一緒に非表示にしたい場合は、パーツを右クリックし、表示されたメニューから、「カテゴリを変更する」⇒「小物として扱う」または「照明・天井器具として扱う」を選択することで非表示にできます。

部屋の種類にない部屋をつくる

部屋を選択して右側のプロパティパレットの「名称」欄を直接変更することで、「部屋の種類」にない部屋を作成することができます。また、同じパレット内のフォントボタンをクリックすると、フォント、文字サイズ、文字の色なども変更できます。

寸法線を入力する

寸法線はツールバーの「寸法線表示切替」をクリックすると自動で表示されます。
不要な寸法の削除や、表示位置の変更をしたいときはメニューで「ツール」-「線・文字・付箋・寸法線入力」-「寸法線入力」を選択します。
寸法線を選択すると黄色いハンドルが表示されます。
ハンドルをマウスでドラッグすると、幅、高さの調整を自由に変更できます。