SetAdjustRoom メソッド

構文

void SetAdjustRoom(USHORT uSwitch);

保存時・立体化時に部屋のずれを補正するかどうかを設定します。

パラメータ

uSwitch
補正するかどうか。0で補正しません、1で補正します。1にすると、ファイルを保存するときや立体化を行うときに、 間取り図面上のわずかなずれを補正します。補正によって、部屋が置きたい場所からずれてしまうなど、問題があるときは、0にしてください。

使用例

// 間取りオブジェクトへ接続
CMadoriDoc * m_MadoriDoc = new CMadoriDoc();
CLSIDFromProgID (L"MyHomeDesignerMadori.MadoriDoc", &clsid);
GetActiveObject (clsid, NULL, &pUnk);
pUnk->QueryInterface (IID_IDispatch, (void**)(&pDisp));
m_MadoriDoc->AttachDispatch (pDisp);

// 補正機能は有効
m_MadoriDoc->SetAdjustRoom(1);