GetCurrentObjectType メソッド

構文

ULONG GetCurrentObjectType();

カレントのオブジェクトの種類を取得します。

戻り値

カレントのオブジェクトの種類を返します。カレントのオブジェクトが無い場合は 0 を返します。オブジェクトの種類は次のいずれかの値です。

  • 1折れ線
  • 2多角形
  • 3壁(※予約)
  • 4床(※予約)
  • 5
  • 6文字
  • 7パーツ
  • 8ドア
  • 9寸法線
  • 10グループ(※予約)
  • 11天井(※予約)
  • 12階段(※予約)
  • 13直進階段
  • 14踊り場付き直進階段
  • 15L字階段
  • 16U字階段
  • 17中空き階段
  • 18S字階段
  • 19部屋
  • 20
  • 21壁削除
  • 22壁開口
  • 23壁高さ
  • 24屋根
  • 25
  • 26敷地
  • 27
  • 28耐力壁
  • 29付箋
  • 30敷地高低差
  • 31道路(※予約)
  • 32敷地基準線
  • 33その他線(※予約)
  • 34その他多角形(※予約)
  • 35その他文字(※予約)
  • 36時刻日影図の線
  • 37等時間日影図の線
  • 385m/10m規制ライン
  • 39時刻日影図の文字
  • 40等時間日影図の文字
  • 415m/10m規制ラインの文字
  • 42測定条件表の文字
  • 43日影図倍率表の文字
  • 44三斜求積表の文字
  • 45測定条件表の線
  • 46日影図倍率表の線
  • 47三斜求積表の線
  • 48壁厚
  • 49勾配天井
  • 50折り上げ天井

使用例

// 間取りオブジェクトへ接続
CMadoriDoc * m_MadoriDoc = new CMadoriDoc();
CLSIDFromProgID (L"MyHomeDesignerMadori.MadoriDoc", &clsid);
GetActiveObject (clsid, NULL, &pUnk);
pUnk->QueryInterface (IID_IDispatch, (void**)(&pDisp));
m_MadoriDoc->AttachDispatch (pDisp);

// 列挙する
long lRet = m_MadoriDoc->GetTopObject();
if(lRet == 0) AfxMessageBox("何もない");

while(lRet){
	ULONG uType = m_MadoriDoc->GetCurrentObjectType();
	short nLayer = m_MadoriDoc->GetCurrentObjectLayer();
	CString strMsg;
	strMsg.Format("[%X]type[%d]layer[%d]", lRet, uType,nLayer);
	AfxMessageBox(strMsg);

	lRet = m_MadoriDoc->GetNextObject();
}