FileImageSave メソッド

構文

BOOL FileImageSave(LPCTSTR szFileName, unsigned short x, unsigned short y);

画像ファイルを保存します。

パラメータ

szFileName
保存したいファイル名のフルパス。NULLの場合は、保存ダイアログを表示します。
x
画像の横サイズ。
y
画像の縦サイズ。

戻り値

ファイルを保存できた場合は 0 以外を返します。できなかった場合は 0 を返します。

解説

間取り画面を画像として保存します。有効な拡張子は、bmp, dib, jpg, jpeg, jpe, emf, mxm のいずれかです。

使用例

// 間取りオブジェクトへ接続
CMadoriDoc * m_MadoriDoc = new CMadoriDoc();
CLSIDFromProgID (L"MyHomeDesignerMadori.MadoriDoc", &clsid);
GetActiveObject (clsid, NULL, &pUnk);
pUnk->QueryInterface (IID_IDispatch, (void**)(&pDisp));
m_MadoriDoc->AttachDispatch (pDisp);

// ファイル名を指定して保存
if(!m_MadoriDoc->FileImageSave(NULL, 0, 0)){
	// エラーまたはキャンセル
	return;
}

if(!m_MadoriDoc->FileImageSave(_T("C:\\Users\\Public\\Documents\\3DMHPRO7\\test.bmp"),320, 200)){
	// エラー
	return;
}