CADDataOpen メソッド

構文

BOOL CADDataOpen(LPCTSTR szFileName, double dScale);

DXFまたはJWCファイルを下絵としてとして開きます。

パラメータ

szFileName
開きたいファイル名のフルパス。NULLの場合は、開くダイアログを表示します。
dScale
変換倍率。1.0の場合、DXF・JWCの1が、マイホームデザイナーの1mmになります。

戻り値

ファイルを開けた場合は 0 以外を返します。開けなかった場合は 0 を返します。
既に下絵がある場合は、「下絵を消去しますか?」と確認メッセージが出ます。ここで、「いいえ」(消去しない)を選んだ場合は、0を返します。

使用例

// 間取りオブジェクトへ接続
CMadoriDoc * m_MadoriDoc = new CMadoriDoc();
CLSIDFromProgID (L"MyHomeDesignerMadori.MadoriDoc", &clsid);
GetActiveObject (clsid, NULL, &pUnk);
pUnk->QueryInterface (IID_IDispatch, (void**)(&pDisp));
m_MadoriDoc->AttachDispatch (pDisp);

// 下絵読み込み
if(!m_MadoriDoc->CADDataOpen(_T("C:\\Users\\Public\\Documents\\aaa.dxf"), 1.0)){
	// エラー
	return;
}