AddStrength メソッド

構文

BOOL AddStrength(double dXPos, double dYPos, double dAngle, BOOL bReversed, double dWidth, BOOL bAuto,
    double dStrength);

耐力壁を追加します。

パラメータ

dXPos
配置配置X座標。
dYPos
配置配置Y座標。
dAngle
配置角度。
bReversed
反転するかどうか。1で反転します。0で反転しません。
dWidth
幅。
bAuto
強さが自動化どうか。1で自動。0で手動。
dStrength
強さ。

戻り値

耐力壁を追加できた場合 0 以外を返します。できなかった場合は 0 を返します。

使用例

// 間取りオブジェクトへ接続
CMadoriDoc * m_MadoriDoc = new CMadoriDoc();
CLSIDFromProgID (L"MyHomeDesignerMadori.MadoriDoc", &clsid);
GetActiveObject (clsid, NULL, &pUnk);
pUnk->QueryInterface (IID_IDispatch, (void**)(&pDisp));
m_MadoriDoc->AttachDispatch (pDisp);

// 耐力壁を追加
BOOL bRet = m_MadoriDoc->AddStrength(1000, 0, 0, 0, 910, 1, 0);
if(!bRet){
	// エラー
	return;
}